ドクダミの花


先日、娘から「ドクダミのお花が可愛いから、一株欲しい」 と言われて、驚きました。
「え~、どうぞどうぞ~、全部持って行ってちょうだい」と私。

我が家は、今、ドクダミが、栽培しているのではないかと言うほど、沢山咲いています。
植えた覚えがないのに、我が家では、一番丈夫で、嫌われ者あつかいですが、お花も個性的で、独特の臭気がある葉もハート型で、とても可愛いです。 

邪魔者扱いしていましたが、薬草として日本では民間療法に使われていて、とても優秀なんですね。
そういえば、ジュウヤクと言う別名があって、ドクダミ茶として、以前は飲んでいました。日本のハーブティーですよね。
お気に入りの器に一輪かざったりすると、とても素敵になります。

この頃、八重咲きや、葉が綺麗なドクダミが園芸店に置いてありますね。


            ―  ドクダミ ―
ドクダミ科ドクダミ属、原産地は東アジア、多年草、学名Houttuynia cordata)

P1760661s5.jpg
ヒメコブシの根元に沢山咲いています。地下茎で、どんどん殖えてます。        


        P1760660s4.jpg
白いお花は、清楚です~   この可愛らしい4枚の花弁は、お花ではなくて、苞(ほう)という器官です。 中心の棒状の黄色い部分は、小さなお花が集まって一つの大きな花のように見える形を作っているそうです。 なので、これが、お花なのですね。 集合体を作っている小さなお花には、ガクも花弁もなくて、めしべとおしべのみだそうです。 植物って、面白いなあ~と思う瞬間です。     




P1770431s5.jpg
強い香りを生かして、ラベンダー、ローズマリーを加えて、小さなスワッグを作りました。  良い香りがしますが、このままドライになっても、香りは続き、消臭剤になります。      





P1760749s5.jpg
キンシバイが満開の頃、黄色のお花が可愛いので、白い器にアレンジしました。  ドクダミを贅沢に使いました。

今のこの季節しかできない、庭の花遊びが、楽しいです。     

 


        今日も見てくださり有難うございました。






tag : ドクダミ

ルビーのような赤い実



春に満開になった庭梅に沢山の実がなりました。
赤い実が一面になって、とても可愛いです。

一粒口に入れたら、とっても酸っぱくて食べられません。見た目は、美味しそうですが。
ブルーベリーとブラックベリーが、これから採れるので、これは、鑑賞するだけにします。 



P1770069s5.jpg
             こんなに沢山なりました。  


P1770070s5.jpg
  

P1770075s5.jpg
  

P1760942s5.jpg
  

P1760943s5.jpg
             宝石のような赤い色が綺麗です~   


P1770073s5.jpg
  






P1730680s5.jpg
           今年の春の満開の庭梅、綺麗でした。  
  


 P1730691s3.jpg P1740412s3.jpg
             シベの長さに、驚きます。      




          今日も見てくださり有難うございました。





          

tag : 庭梅

ゆりの季節 2018 ④  オリエンタルユリ


スカシユリが終わり、これからは、オリエンタル系のユリ(オリエンタルリリー)の出番です。 

スカシユリは、アジア系で、アジアティック・ハイブリッドといわれ、色も豊富です。 

オリエンタルリリーは、お花が大きくて、甘い香りがして、特徴としては、花弁が少し外側に反り返っています。 花姿もエレガントで、代表的なのが、カサブランカで、オリエンタル・ハイブリッド(OH)と呼ばれています。

そういえば、今年は、カサブランカが一つもでてきません。 とうとう消滅したのね。 

ゆりは、いくつかに系統だって分類されていますが、交配により色々な品種ができ、呼び方も色々で、混乱してしまいます。

今日の我が家のゆりは、今年で11年めの、オリエンタル系のゆり、パッショネールです。
2007年にたった一つの球根を植えてから、分球して沢山殖えました。 年々、花数が少なくなっていますが、今年は、沢山お花が咲きました。
パッショネールは、「オリエンタル・ハイブリッド」と、「トランペット・ハイブリッド」の交配種で、オリエンペット・ハイブリッド(OT)と呼ばれています。



パッショネール(OT)

P1760874s5.jpg
           夕方に撮ったら、こんな色合いになりました。


P1770083s5.jpg
実際は、お花の中心がえんじ色で、こんなに沢山咲いて、まわりが明るくなりました。



    P1770043s5.jpg
ここは、南側で、日当たりが良いので、元気なのですね。 木製の樽の鉢に植えてあり、もう朽ちているところがあるので、その間から、2本咲きました。 エレガントというよりたくましいパッショネールです。



P1770130s5.jpg
えんじ色というより、赤紫色ですね。 大きいのは、直径10cm以上もあって、豪華です。 今年で11年目とは思えないほど、色が冴えています。 


    P1760873s5.jpg
この時期は、アジサイが咲き、隣にスカシユリ、そして今、オリエンタルリリーが咲きだすこの場所の風景が、お気に入りです。 写真を撮ると、毎年、ほぼ同じになります。



          今日も見てくださり有難うございました。







tag : ゆり オリエンタルリリー スカシユリ オリエンタル系のゆり

ゆりの季節 2018 ③ スカシユリ



今日は、梅雨の晴れ間の気持ちが良いお天気でした。

我が家のスカシユリも終盤に来ています。 次は、カサブランカで有名なオリエンタル系の種類が、蕾が膨らみ開花寸前ですので、楽しみです~

では、今年最後の我が家のスカシユリです、見てください。



オレンジ色
    P1760770s5.jpg
今年で、11年目の名前不明のスカシユリです。 たった一つの球根が同じ場所で殖えていきました。 今年は、花数が少なくて、さみしいです。  初めて咲いたときは、一つの花径に25個のお花をつけて、とても豪華でした。  オレンジ色というより、朱色に近い色ですね。




P1760769s5.jpg

P1760788s5.jpg
ほんの少し離れた場所に同じゆりが、咲きました。植えた覚えがないのですが、種が飛んで数年かけて球根が成長して、やっと今年開花したのだと思います。 写真をチェックしましたら、昨年まで、この場所には咲いていませんでした。 不思議ですが、嬉しいですね。  





黄色
     P1760556s5.jpg
この黄色のスカシユリも名前がわからないのですが、毎年、ここによく咲きます。 スカシユリ独特の上向きに咲くお花は、この沢山の蕾を見れば、想像がつきますね。 一斉に咲いたら綺麗でしょうね~


P1760658s5.jpg
大きなしっかりした花弁は、サテンのように艶やかに見えます。  後ろに咲いている黄色のお花は、キンシバイで、もうほとんど終わりました。




          今日も見てくださり有難うございました。




tag : ゆり、スカシユリ

ニゲラ と バーバスカム



6月は、アジサイの季節ですが、夏に向けて色々なお花が咲きだしてきて嬉しい時期ですね。

今日は、個性的なニゲラと、バーバスカムを見てください。




      P1760798s5.jpg
            バーバスカム(左)と ニゲラ(右)です。 



ニゲラ

P1760537s5.jpg
何て個性的なお花なんでしょう! 複雑な構造のお花、糸状の葉っぱも面白くて大好きなお花です。 花後のタネが真っ黒いので、別名がクロタネソウといいます。 花後の種子の形もユニークで面白いです。


P1760794s5.jpg


P1760707s5.jpg

     P1760695s5.jpg
今年は、ブルーが咲かなくて残念です。 白とピンクばかりですが、静かに咲いている姿が、素敵です。


P1760693s5.jpg


          P1760533s4.jpg
糸状の葉っぱに包まれている蕾、この葉っぱは苞と呼ばれています。


P1760531s5.jpg
綺麗な花弁に見えるのは、じつは、お花ではなくて、葉が変化した萼片です。  やっぱり不思議で個性的ですね。





バーバスカム
      P1760708s5.jpg
        初めてのお花です。 下から穂状に咲いていきます。


      P1760623s5.jpg
             この花色に惹かれました。 


     P1760582s4.jpg
            蕾がふっくらしていて可愛いですね。


P1760581s5.jpg
和名は、ビロードモウズイカといいます。  バーバスカムというおしゃれな名前なので、わからなかったのですが、昔からあるモウズイカという帰化植物です。 モウズイカという面白い名前なので、以前に調べましたら、漢字で 「毛蕊花」と書き、「モウ・ズイ・カ」と読み、葉や茎に腺毛があることからだそうです。  何か美味しそうなイカの種類だと勘違いしました。


     P1760578s5.jpg
ちょっと頼りない感じですが、お花が、細い花径を囲むように咲くと、ボリュームが出てきて華やかになります。


多年草、二年草扱いで、さまざまですが、暖地では、夏越しに気を使わなければいけないそうです。 来年も咲かせたいので頑張ります。


 
           今日も見てくださり有難うございました。




tag : バーバスカム モウズイカ ビロードモウズイカ ニゲラ クロタネソウ

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]