我が家のチューリップ 2017 ④ 花色素敵な ラ・ベル・エポック



今日のチューリップは、ネットで初めて注文をした富山県の球根農協のチューリップです。 

チューリップと言えば、オランダですが、日本では、富山県の砺波(となみ)が有名です。 富山産と見れば興味があり、いくつか購入したうちの一つの ”ラ・ベル・エポック”が、とても綺麗で感動しました。
とやまのオンリーワン品種の中で、今一番人気があり、花形、花色とも個性的なチューリップです。 


ラ・ベル・エポック (八重咲き種、DL・ダブルレイト
P1670319s5.jpg
            この花色、何て美しいのでしょう! 
古いフランス映画の雰囲気がある花色で、オンリーワンの候補に選ばれ、 "La Belle Epoque” は、「美しき良い時代」という意味だそうです。 黄昏時の街角にシャンソンが聴こえてきそう~


P1670312s5.jpg
      陽の当たり具合で、色がこんなにも違って見えるのです。 



     p1670331s5.jpg
    たった4つですが、八重咲きなので、咲いている姿は華やかですね。 


     P1670024s5.jpg
         初めの一つ、色のレトロ感がたまらなく良いですね。

 P1670328s45.jpg
アプリコット色、ミルクティーの色、ピンク、黄色がミックスした個性的な花の色が魅力です。


 s45_20170426234426099.jpg
 シャクヤクのようで、華やかです。 お気に入りがまたひとつ増えました。



          今日も見てくださり有難うございました。




 

tag : チューリップ ラ・ベル・エポック 八重咲き ダブルレイト 砺波

我が家のチューリップ 2017 ③ 花壇のチューリップ 追記あり(4月26日)


我が家の花壇に咲いたチューリップは、今回は、オレンジ色(朱色に黄色)と ピンク色(2色咲き)です。 

玄関脇の小さな花壇ですが、ここはチューリップが綺麗に咲きます。 陽のあたり具合が良いのでしょうか。 実際にオレンジ色のは、昨年は植えてはいないのに、咲いていてびっくりです。 調べましたら、2014年に咲いたのが、3年かけて球根が大きくなってお花を咲かせたのです。 花後に忘れて球根を抜かないでそのままにして置いたのだと思います。 左の1本咲いている黄色いのも、何年か前のです。 今までも、1~2本はこういうことはありますが、こんなに沢山、咲いたのは初めてのことで嬉しいです。 原種のチューリップは、同じところに何年も咲きますが、普通の種類のは関東地方では、難しいとされているので、何かサプライズをもらった気持ちです。


P1670266s5.jpg


P1670422s5.jpg




オレンジ色(一重咲き
   P1670414s45.jpg

P1670180s5.jpg
    ラベルに”朱色に黄色”としか表示がなく、名前は不明です。 

       P1670415s4.jpg
         鮮やかな朱色は、周りを明るくしてくれますね。

         
               追記(4月26日)
                   

2014年に咲いていた”朱色に黄色”のチューリップです。⇒ こちらです。



2色咲き一重咲き
  P1670417s45.jpg
  名前が不明の“2色咲き”、花底が白で、花弁がピンク色だからでしょうか。 

       P1670418s45.jpg


       P1670177s45.jpg
お花は、小さ目で、丈もそんなに大きくなく、まわりにうずもれてしまいそうですが、お花はとてもしっかりと咲いて、美しいです。 


       P1670178s45.jpg


       P1670419s45.jpg
ピンク色が綺麗なラベルの写真に惹かれて、開花を楽しみにしていたので、同じように咲いて嬉しいです。



            今日も見てくださり有難うございました。



tag : チューリップ 一重咲き 2色咲き 朱色に黄色

我が家のチューリップ 2017 ② 花壇のチューリップ


嬉しいチューリップの季節になりました。

久しぶりに帰宅したら、花壇には、チューリップが一斉に咲いていて、写真を撮るのが忙しくなりました。
まずはこちらの花壇、スプリンググリーンバレリーナ、そして クインオブナイトが、揃って咲きました。
バレリーナが、まだ蕾が多いので、華やかではありませんが、こんなシックな雰囲気が好きです。


              ―  チューリップ  ―
(ユリ科チュリップ属、原産地は中央アジア、球根植物 学名Tulipa Spp.)
P1670058s5.jpg
ムスカリは、もう終わりで、がっかりです。 一緒に咲いたら綺麗でしたね。 

P1670041s5.jpg


     P1670043s5.jpg




バレリーナ(ユリ咲き)
P1670063s5.jpg
バレリーナは、大好きなチューリップの一つです。 オレンジ色も可愛いし、お花の形も可愛いです。

     
P1670119s5.jpg



          P1670061s4.jpg
             先がとがった花弁が可愛いです。



スプリンググリーン(ビリデ咲き)
P1670236s5.jpg
ビリデ咲きのチューリップは、”ビリデフローラ”といい、花底から花弁の先端まで、グリーンのラインが入るのが特徴です。


P1670086s5.jpg
           陽射しを受けて、透き通る花弁が美しい~ 


P1670073s45.jpg


        P1670065s4.jpg
白とグリーンの色合いは、爽やかで、”スプリンググリーン”の名前にぴったり、誰がつけたのでしょうか。 春らしい名前で美しいチューリップですね。  




クインオブナイト(一重晩生咲き)
P1670047s5.jpg
黒いチューリップといえば、この”クインオブナイト”、 正しくは、"Queen of Night”、”夜の女王”ですね。 シンプルだけれども、ビロード(古い?、ベルベットかしら?)のような花色が気品があって大好きです。

     
       P1670070s4.jpg



    P1670069s5.jpg


P1670102s5.jpg
植物学的には、黒いお花はないそうで、黒に限りなく近い紫色が、黒系のお花とされているそうです。 本当の黒いお花が早く見たいですね。

P1670088s5.jpg
こんなに黒っぽいのに、陽があたると赤茶色に見えます。 光線の加減でこんな色合いになります。  曇りや夕方になると、花弁は閉じてもとの凛とした姿に戻り、”夜の女王”になります。



         今日も見てくださり有難うございました。



tag : チューリップ クインオブナイト バレリーナ スプリンググリーン

魅惑の青色、プルモナリア

 
大好きな”青い花”、プルモナリアが綺麗に咲いています。

青花大好きなので、いくつか青いお花は、我が家にはありますが、このプルモナリアは満足度No.1です。 本当に美しいので、どうぞ見てくださいね。   


               ― プルモナリア ―
 (ムラサキ科プルモナリア属、原産地はヨーロッパ、多年草、学名Pulmonaria)
      P1660181s52.jpg
  本物の”青いお花”、 プルモナリア、本当に美しくてうっとりと見てしまいます。


P1660494s5.jpg
早春のまだ寒いうちから咲き、まだ咲きつづけていて、長く楽しませてくれます。

P1660171s5.jpg
花の色ちがいで、いくつかの品種があります。 白もあり、青色でも名前が異なるのがあります。 我が家のは、”カリビアンナイト”という品種です。 

       P1650624s5.jpg




   P1660179s45.jpg
             うつむきに咲くお花は、1~2cm位、

       P1660497s5.jpg
                 丈は、10~20cm位



   P1650744s45.jpg
              蕾は、こんな可愛いピンク色

   P1650740s45.jpg
 咲いてしばらくは、ピンクがかっていて、2色のお花が咲いているようでこの頃のプルモナリアが大好きです。

耐寒性は強く、耐暑性はやや弱い半日陰の場所が適しています。

この場所に地植えにしてから、もう7年、手間がかからず、毎年増えています。 同じ時期に、別の半日陰の所に植えたのは、1年だけで消えてしまいました。 この場所が居心地が良いのですね。植物って、適した場所が見つかるまで大変で、何回も枯らして失敗して、植物が可哀想だったなあと、いつも思います。 このプルモナリアは、とりあえず、自分の好きな場所が見つかったという事でしょうか。 よかったね~



          今日も見てくださり有難うございました。




tag : プルモナリア プルモナリア・カリビアンナイト 青い花

フラワー・アレンジメント (2017年4月) 虹を描く丘



2017年4月のフラワー・アレンジメントのお教室 リビエール に行ってきました。

今回は、”花の咲くなだらかな丘の上に虹を見ている“ 時の感情を、表現をするというテーマです。
花の香りと色を丘で楽しみ、空を見上げれば美しい虹の色のアーチが見える、そんな情景をアレンジします。

美しい虹の光景を眺めている場面を想像してのアレンジは、とても楽しいのですが難しく、また、タニワタリの扱いも手こずりました。 
でも、普段使わない頭をフル回転させて、乏しいセンスを引き出しながら完成しました。 とても刺激になり、良い頭の体操ができました。


Oさんの作品
IMG_4971s5.jpg
タニワタリが、空に大きなアーチをえがいている虹のようです。 空にまっすぐのびているフリージアが虹の色のひとつのようです。

IMG_4965s5.jpg
左から2番めのタニワタリの先端のカールが外れてしまったけれど、それもまた美しい空間ができて良いと思います。

  IMG_4995s45.jpg
             綺麗なカーブを描いたタニワタリ

      IMG_4992s45.jpg


  IMG_4990s45.jpg
ユリフリチラリアの位置がバランスがとれているので、とても安定感があると思います。 花咲く丘がしっかりと表現できていて素晴らしいです~



Sさんの作品
   IMG_4996s5.jpg
キバデマリを斜めにあしらったところは、とても動きがあって柔らかい風が吹いているようです。

   IMG_4956s5.jpg
虹のラインもしなやかで、空間の美しさを感じます。 今回の課題の空間を美しくみせるのにフリチラリアが映えています。

    IMG_4961s45.jpg


    IMG_4955s45.jpg


IMG_4954s5.jpg
丘の部分は、奥行きがあり、綺麗なお花が沢山咲いているような気がします。



私の作品
IMG_4972s5.jpg
キバデマリは、初めは真っ直ぐに挿したのですが、倒れて傾斜してしまい、そのままでアレンジしました。 少し長かったですね。

  IMG_4973s45.jpg
         私も左のタニワタリのカールが、はずれています。
 
  IMG_4976s45.jpg
      ユリが、バラに見えますね。初めて見るユリです。

IMG_4974s5.jpg
フリージアを真っ直ぐにアレンジしたほうが良かったかな?と反省。 OさんとSさんの作品をみてフリチラリアが素敵だと思いました。



Rさんの作品
     IMG_4981s5.jpg
       学年の異なるRさんは、”トルネード”という作品です。

       IMG_4986s45.jpg
        らせん状のアルミワイヤーにそってのアレンジです。

       IMG_4985s45.jpg


     IMG_4984s5.jpg
     いつもながらの華やかなアレンジにうっとりしてしまいます。 




花材 (左から)
IMG_4947s2.jpg IMG_4945s2.jpg IMG_4944s2.jpg
  タニワタリ 4、     キバデマリ、    フリージア(アラジン)

IMG_4943s2.jpg IMG_4940s2.jpg IMG_4939s2.jpg
フリチラリア(ウバブルピス)、ナデシコ(ブレンサスフィンゴン)、ダスティーミラー

IMG_4938s2.jpg IMG_4936s2.jpg IMG_4933s2.jpg
   セリンセ、   マトリカリア(ブルーワンダー)、ユリ(アプリコットファッジ)

その他:ローズマリー
       
       ◎ 豆知識 ◎
ユリ(アプリコットファッジ)は、日本での初のスカシユリの新品種です。 
バラのような花形で花弁が硬いのが特徴です。



         今日も見てくださり有難うございました。



tag : フラワー・アレンジメント フリチラリア ユリ ・アプリコットファッジ タニワタリ

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]