フラワー・アレンジメント (2018年6月)オレンジスライス (星座)



2018年6月のフラワー・アレンジメントのお教室 リビエール に行ってきました。


今回は、前期最後のレッスンで、久しぶりの シェーネアルバイテン の作品のお稽古です。

シェーネアルバイテンとは、ドイツ語で ”美しい手仕事”という意味で、日ごろのフレッシュなお花のアレンジメントとは、違い、細かくて、難しい作業が要求される作品作りです。 

オレンジスライス、トウモロコシの実、ビーズ、ラインストーン等の装飾品、シェーネアルバイテンを用いての、星座をイメージした世界に一つしかないオリジナルなmyリースです。 

作品の中の太陽と自分の星座をシェーネアルバイテンで作り、作品に豪華さが加わります。
今回は、初めてGクリアボンドというのをを使いました。素材の保護と艶をだすためのボンドです。 
細かい作業が沢山あるので、今回は、時間内に終わらなくて、残りは自宅での宿題になりました。

それぞれの皆さんの個性が輝いた素敵な作品をご覧くださいね。



Sさんの作品

    IMG_20180617_205127s5.jpg
Sさんは、宿題組で、こんな素敵な作品ができました。 完成品の画像を、送っていただきました。 有難うございます。
丁寧な、”美しい手仕事”に感動しました。 4つの窓と言うか、空間がすっきりしていて美しい~、ここまで意識してデザインされて、素晴らしいです。 
シェーネアルバイテンの太陽と星座のかに座の位置もいい感じです。



IMG_7361s5.jpg

IMG_7368s5.jpg
   お教室で撮らせていただいた未完成の作品ですが、これだけでも素敵です。


        IMG_7364s4.jpg
        IMG_7363s4.jpg
       シェーネアルバイテンで作成した太陽が、輝いています~






Oさんの作品

IMG_7346s5.jpg
Oさんの作品は、大人っぽい雰囲気がいつもありますが、今回の星座のリースもさり気なくて、無駄のない美しさが表現できていると思います。 
Oさんは、この作品を時間内に完成させたことが、凄いです。 シェーネアルバイテンは、苦手なんて言っていましたが、とんでもないです。 苦手でこのような素敵な作品を作るなんて脱帽です!



IMG_7339s5.jpg
色合いも透明感があって、艶やかな落ち着いた感じが好きです~  パールもビーズも自然にはいっていてしつこくなくていいですね~




     IMG_7344s5.jpg
            レースのあしらい方も素敵です~
 


     IMG_7340s5.jpg
星座のやぎ座が印象的です。 今回は、この星座の作成が大変でしたが、綺麗にできていますね。



IMG_7343s3.jpg IMG_7342s3.jpg
      レースの貼り方も、躍動感がありますね。







私の作品

P1770142s5.jpg
 私も宿題にして、 何度もやり直ししながら、やっと完成しました。 そばに、比較するものがないので、これでいいのかしら? と今も、思っています。 全体的に暗い感じです。 黒いベルーガ豆を中心に多く入れたからでしょうね。
ビーズ、パール、ベルーガ豆、トウモロコシの実をすべて、使ったので、しつこい感じになりました。


P1770143s5.jpg
私の星座は、さそり座、アルファベットのMに似ていますね。 シェーネアルバイテンで作った星座の記号です。この形にするのが難しかったです。


IMG_7418s3.jpg IMG_7439s3.jpg

  IMG_7437s4.jpg
レースを、さりげなくつけるところが難しく、何度もやり直しているうちに、真っ白なレースに、メタラシアイエローの色がついてしまいました。 ”美しい手仕事”には、ほど遠くて、まだまだですね。


  IMG_7419s4.jpg


   P1770478s5.jpg
 リースなので、リボンで吊るして飾りました。  おしゃれなインテリアになりました。






Kさんの作品
IMG_7358s5.jpg
先輩のKさんも宿題にしましたので、これは未完成の作品です。 第一印象は、“わあ~可愛い~”です。 4等分したオレンジスライスも主張していて、ベースのスケルトンリーフのグリーンも見えて(見せて?)爽やかな感じがします。 レースも星座も太陽もあるので、ほぼ完成のようですが、きっと、おうちで、もっと素敵なデザインをされていることでしょう。 完成品を拝見したいですね。


     IMG_7356s5.jpg

     IMG_7355s5.jpg



IMG_7351s5.jpg
Kさんもさそり座で、Mに似た記号をとても上手に模られていて凄いです~


IMG_7354s5.jpg
中心が、とても華やかなところが好きです~  トウモロコシの実の揃った使い方がとても可愛くて、まるでお花が咲いているようですね。 朱色の部分が華やかで、そばに真っ白なレースをがあるので、2色のコントラストが絶妙に良いですね。 私は、トウモロコシの実に色がついているなんて全く気が付かず、めちゃくちゃにつけてしまいましたので、それに目が留まるKさんの感性が素晴らしいです!


IMG_7349s5.jpg
           素敵なので、もう一度見てください~




先生の作品
      IMG_7322s5.jpg

      IMG_7321s5.jpg

IMG_7320s5.jpg
先生の素敵な作品にうっとりとしてしまいました。 レースのあしらい方がおしゃれな感じがして参考にさせて頂きましが、いざ自分ですると、わざとらしくてすっきりしなくて難しいなと思いました。


IMG_7317s5.jpg
           グリーン溢れるリース、とっても爽やかです。




花材

IMG_7325s2.jpg IMG_7329s2.jpg IMG_7327s2.jpg
左から:花材一式、 オレンジスライス、 メタラシアイエロー





IMG_7336s2.jpg IMG_7335s2.jpg IMG_7334s2.jpg
左から:クレイ、 厚紙に裏当て布を張って、吊るしワイヤーをつけた土台、スケルトンリーフ3枚


IMG_7328s2.jpg IMG_7332s2.jpg IMG_7331s2.jpg
左から:トウモロコシの実(クリーム)25粒 ビーズ8mm5個 5mm5個 4mm30個 3mm30個 ベルーガ豆、 縁取り用のブレード30cmx2、 レース



**星座用**
IMG_7333s2.jpg IMG_7330s2.jpg IMG_7324s2.jpg
左から:ペルルドラート(G)10cm 極際ブリオン(G)7cm、 ラインストーン6粒 パールビーズ6mm1個 ブリオングラット3cm ラインストーン1粒、星座表

その他:Gクリアボンド





           今日も見てくださり有難うございました。




tag : フラワー・アレンジメント

フラワー・アレンジメント (2018年5月) セザンヌのサラダ


2018年5月のフラワー・アレンジメントのお教室 リビエール に行ってきました。

今回は、絵画のアレンジで、セザンヌの描く「リンゴとオレンジ」をイメージして、セザンヌの描く手法で、花をサラダ感覚としてアレンジします。  絵画シリーズは、想像力を駆使しなければならなくて、私にはとても難しい課題ですが、完成すると、とても素敵な作品になるので、楽しいです。
 



並べて鑑賞
IMG_7222s5.jpg
左から: 先生、Sさん、Oさん、私の作品です。



Oさんの作品
IMG_7261s5.jpg
       サラダボールに色々な野菜が盛り付けられている感じ。


IMG_7262s5.jpg
フレッシュサラダのよう、 デルフィニウムがドレッシングの役割を果たして、和風、イタリアンドレッシング、どちらをかけようかしら?なんてことを想像できてしまうくらいおいしそうな作品ですね。


IMG_7242s5.jpg



IMG_7248s5.jpg
わあ~、これは、本物のサラダの盛り付けのようで、食べたくなりますね。 


IMG_7247s5.jpg
         色の組み合わせが綺麗~






Sさんの作品
IMG_7259s5.jpg
      豪華なサラダ、どんな野菜が入っているのでしょうか? 
 

IMG_7235s5.jpg
ヒメリンゴを見えるように配置しているので、女の子が好きなフルーツサラダのようで、Sさんらしいなあと思いました。


IMG_7232s5.jpg
   ギボウシの茎のサーバーが3つあるので、大盛りサラダでしょうか~ 


IMG_7236s5.jpg
        ヒメリンゴが、本当においしそう~







私の作品
IMG_7226s5.jpg
 ガーベラをもっと分散させた方がおいしく見えたかしら? 濃い色が集まりすぎて重い感じですね。 先生は、 「ワインがあるみたい」と、言ってらしたので、少し嬉しくなりました。



IMG_7267s5.jpg
ギボウシの茎2本でサラダサーバーを作り、脇に添えました。


IMG_7268s5.jpg



IMG_7256s5.jpg
オーニソガラムをブドウのように器から垂れるようにしました。




Rさんの作品
IMG_7269s5.jpg
Rさんの作品は、”青の画家” という タイトルで、アメリカ出身の印象派画家ホイッスラーの作品、”バタシーブリッジ” をアレンジしました。


IMG_7282s5.jpg
キキョウランで、長い橋を、シャガを月に見立て、絵の雰囲気がよく表現できていて素晴らしいですね。


IMG_7280s4.jpg



IMG_7272s5.jpg





先生の作品
IMG_7186s5.jpg


IMG_7185s5.jpg


IMG_7182s5.jpg
沢山の材料で盛り付けられた本物のサラダのようです。




花材
IMG_7204s2.jpg IMG_7201s2.jpg IMG_7192s2.jpg
左から: ギボウシ、      ヒメリンゴ、     カラー

IMG_7191s2.jpg IMG_7190s2.jpg IMG_7189s2.jpg
左から:オーニソガラム、 ヒマワリ(フロリスタン)、ヒマワリ(パナッシェ)

            IMG_7181s2.jpg
            リング状アルミワイヤー 





         今日も見てくださり有難うございました。




tag : フラワーアレンジメント

フラワー・アレンジメント (2018年4月) デラ・ロビアの花束



2018年4月のフラワー・アレンジメントのお教室 リビエール に行ってきました。

「フィレンツェのデラ・ロビア家の工房では、代々、果物や花のモチーフの美しいガーランドやリースの浮き彫りを建築装飾として制作していました。 ルカ・デラ・ロビアは、ギベルティの工房で学び、フィレンツェの大聖堂の大理石彫刻 ”カントリーナ”を制作しています。 彼の関心は大理石に留まらずマヨルカ陶器の技法を応用して、大聖堂のテラコッタ ”復活” “昇天” を手掛けました。 繊細でナイーブな作品は甥のアンドレアにも引き継がれ、フィレンツェ派として長らく中心的地位を保ちました。 テラコッタに刻まれた植物は束ねられ、花束として永遠のリングを巡っています。」 (テキストより) テキストを全部写させていただきました。

今回の ”デラ・ロビアの花束” は、先生のイタリアの歴史と芸術についてのお話と、上記のテキストのような背景を考えながら作品を作りました。 
花束を作るように葉を束ねたデザインのアレンジをします。 何度もテキストを読んでわかったつもりでも、いざアレンジすると、思い描いたようにはいかず苦労しますが、これも楽しいお勉強です。 

デラ・ロビアについてこちらをご覧ください。



並べて鑑賞
IMG_7054s5.jpg
             左から: Sさん、私の作品です。




Oさんの作品

IMG_7048s5.jpg
堂々とした作品に釘づけです。 タマシダの位置が、作品のバランスがとれていると思います。


     IMG_7047s5.jpg
             束ねられた葉に見えて、とても素敵~


IMG_7045s5.jpg

      IMG_7052s4.jpg





Sさんの作品


IMG_7068s5.jpg
       ”葉を束ねた花束” にぴったりの雰囲気があり、ボリュームもあり華やかですね。

 
IMG_7071s5.jpg
トルコキキョウを並べたところは、リズムがでていていいなと思います。 


     IMG_7077s5.jpg

        IMG_7076s4.jpg







私の作品


IMG_7057s5.jpg



    IMG_7080s5.jpg
          アンスリウムの位置に難儀しました。

    IMG_20180421_151418s5.jpg


   IMG_20180421_151343s4.jpg
    ショウブを花束を束ねるリボンに見立てたつもりです。



Rさんの作品

IMG_7058s5.jpg
Rさんのアレンジは、私たちとテーマが異なります。 名前を忘れてしまいましたが、とてもシャープでモダンなアレンジですね。


    IMG_7062s5.jpg


       IMG_7060s4.jpg

       IMG_7063s4.jpg





Kさんの作品

IMG_7095s5.jpg
すごくおしゃれな花束ですね~ シンプルでも豪華な感じがしますね。

    IMG_7090s5.jpg
先輩Kさんの作品は、 服飾デザイナーのアルマーニの作品をイメージした”アルマーニの花束”です。 

   IMG_7094s4.jpg


    IMG_7102s5.jpg
        飾り方も変えると、また違う魅力がありますね。

IMG_7107s5.jpg




先生の作品

O先生の作品

IMG_7023s5.jpg

    IMG_7024s5.jpg
  キャンドルアレンジメントです。 グリーンのキャンドルがちらっと見えるのがいいですね。



K先生の作品

IMG_7022s5.jpg

    IMG_7026s5.jpg
       爽やかな風がやさしく吹いている感じがします。





花材
IMG_7040s2.jpg IMG_7039s2.jpg IMG_7038s2.jpg
左から:トルコキキョウ(NFラベンダー)、アンスリウム(ストウィー)、リューココリーネ(カラベル)

IMG_7036s2.jpg IMG_7033s2.jpg IMG_7031s2.jpg
左から: ショウブ、      タマシダ、       クッカバラ                                                                     
             IMG_7029s2.jpg
              SPバラ(カタリナ)




          今日も見てくださり有難うございました。




tag : フラワー・アレンジメント デラ・ロビア

フラワー・アレンジメント (2018年3月) ヨーロピアン・ハート



2018年3月のフラワー・アレンジメントのお教室 リビエール に行ってきました。


今回は、アレンジメントというより工作のようなお稽古で、とても楽しかったです。
ハート型の台紙にまるでマシュマロのような手触りの粘土をはり、花材を挿して完成させます。
細かい作業は、時間がかかりましたが、何とか素敵な作品が出来上がりました。

ヨーロピアン・ハートは、炎のようにゆらめくデザインのハート型です。
イタリアでは、情熱の燃えるハートは、一般的な型となっているそうで、今回は、プリザーブのバラとカーネーションで情熱の燃えるハートをデザインして作りました。



並べて鑑賞
IMG_6751s5.jpg
  左から: Iさん、Rさん、Sさん、Oさん、そして私の作品です。



Sさんの作品
    IMG_20180310_153530s5.jpg



   IMG_6761s5.jpg
アンティークカラーのバラとカーネーションの組み合わせが春らしい印象があります。


      IMG_6765s4.jpg
カーネーションの花弁を開いてハート型の中央にS字型に置いていく作業が私には難しくて出来てないのですが、Sさんは、きちんとされていて素晴らしいです~


  IMG_6764s5.jpg






Oさんの作品

  IMG_6736s5.jpg
ピンクのバラをチョイスしたOさんの作品は、活き活きとして力強さを感じます。


   IMG_6770s4.jpg



  IMG_6769s5.jpg
OさんもカーネーションがS字型に入っていて、その花びらは、まるでユラユラと燃えている情熱の炎に見えてとっても素敵です~  


  IMG_6738s5.jpg
           華やかで可愛いですね。





私の作品
  IMG_20180310_153558s5.jpg
アンティークカラーのバラを選びました。 カーネーションが思うように入らなくて一ヶ所にまとまってしまい流れるようなラインが表現できず難しかったです。


  IMG_6739s5.jpg




  IMG_6743s5.jpg



 IMG_6742s5.jpg







Rさんの作品
  IMG_20180310_153523s5.jpg
ピンク色のバラを選んだRさんの作品は、可愛らしくて思わず微笑んでしまいました。 バラの位置がバランスが取れていて安定しています。


  IMG_6759s5.jpg
カーネーションは、あまり使わずに、インディアンコーンを目立つようなデザインも素敵ですね。 バラのピンク色と黄色のコントラストが綺麗ですね。


  IMG_6758s5.jpg




Iさんの作品
  IMG_20180310_153514s5.jpg



  IMG_6753s5.jpg
             おしゃれな感じが素敵~


  IMG_6757s5.jpg
カーネーションもS字のような流れがあるし、全体的にまとまっています。


  IMG_6755s5.jpg





先生の作品
  IMG_6749s5.jpg
              O先生の作品です。  


  DSC_0044s5.jpg
              K先生の作品です。




花材
IMG_6731s2.jpg IMG_6730s2.jpg IMG_6729s2.jpg
左から:裏宛て布、        リボン、     インディアンコーン


IMG_6728s2.jpg  IMG_6726s2.jpg
左から:粘土、バラと、カーネーション(プリザーブドフラワー)

その他:ミニピック、ビーズ、型紙、アジサイ(プリザーブドフラワー)




          今日も見てくださり有難うございました。





tag : フラワー・アレンジメント ヨーロピアン・ハート

フラワー・アレンジメント (2018年2月) モダンブーケ



2018年2月のフラワー・アレンジメントのお教室 リビエール に行ってきました。

今日から4月ですね。
2月、3月のお稽古の記事が遅くなってしまい申し訳ないです。

2月は、”モダンブーケ”というちょっと斬新な感じ(私の感想)のブーケをお稽古してきました。

花材の一つにメタリックな質感のランチョンマットを、ジグザグに適宜にカットしてブーケに組み込んでいくという、形にとらわれない自由な発想でモダンブーケに挑戦しました。 とても個性的で、大人っぽい作品になりました。



並べて鑑賞
IMG_6595s5.jpg
        左から:Sさん、私、そして、Rさんの作品です。




Sさんの作品
       IMG_6589s5.jpg
             すっきりとまとまっていてとても素敵~


       IMG_6603s5.jpg
     丁寧な仕上がりにいつも感心してしまいます。 見習わなければと思います。

       IMG_6590s5.jpg
        中心がぎゅっとまとまっていているので安定感がありますね。


           IMG_6618s4.jpg
 この様に持つと”シュタープブーケ”のようで、また印象が変わりますね。





私の作品
            IMG_6592s5.jpg
ドラセナとパフィオが離れすぎですが、パフィオの向きは良いと言われました。

IMG_6601s5.jpg
メタリックな部分は、人工的なバラを意識してこれは気に入っています。 しかし、弾力性があるランチョンマットをカットしてモチーフを作るのは難儀しました。

       IMG_6598s4.jpg





上級生Kさんの作品
       IMG_6609s5.jpg
パフィオが正面に見えるので、とても華やかで、メタリックを面としてあしらっているので、近未来的な印象がします。まさしくモダンブーケですね。


      IMG_6608s5.jpg
                とっても素敵~

      IMG_6617s5.jpg
持ち方でだいぶ雰囲気が変わりますね。 シュタープブーケの様にに見えるハードな感じとソフトなチューリップの動きがよく合っているなと思います。





Rさんの作品
       IMG_6586s5.jpg
学年の異なるRさんの”アームチュール”という腕につけるブーケです。 


     IMG_6596s5.jpg
ミスカンサスとアートフラワーのユキノシタの流れが動きがあってとっても爽やかですね。


       IMG_6588s5.jpg
どこから見ても丁寧にアレンジしていて見てて気持ちが良いですね。


      IMG_6585s5.jpg





先生の作品
       IMG_6565s5.jpg
          白色中心のブーケです。 作品名がわかりません。

      IMG_6574s4.jpg
     花色は白ですが、色々なお花でアレンジしているので、とてもボリュームがあってエレガントです。




花材
IMG_6582s2.jpg IMG_6581s2.jpg IMG_6580s2.jpg
左から:ランチョンマット、 ペッパーベリー(メタリックブルー)、ニューサイラン

IMG_6579s2.jpg IMG_6578s2.jpg IMG_6577s2.jpg
左から:ドラセナ(コンパクタパープル)、チューリップ(夜の帝王)、チューリップ(フレミングフラッグ)

IMG_6576s2.jpg IMG_6575s2.jpg
左から:パフィオ、バラ(ヴァーティールージュ)



            今日も見てくださり有難うございました。




tag : フラワーアレンジメント モダンブーケ

フラワー・アレンジメント (2018年1月) 空中庭園




2018年1月のフラワー・アレンジメントのお教室 リビエール に行ってきました。

今回は、空中庭園がテーマです。 

空中庭園というのは:
紀元前600年新バビロニアの王ネブカドネザル2世が妃の為に宮殿に階段状のテラスを作り樹木や花を植えたといわれています。 遠くから見るとまるで空中に吊り下げられているようにみえたので「空中庭園」という言葉があてはめられました。(テキストより)
空中庭園って想像しただけでも、とても幻想的で魅力を感じます。 張り出したテラスに植物を植えるようにアレンジするのですが、なかなかイメージがわかなくて、今回も自分のセンスの乏しさを確認しました。

豊かな発想でテーマを表現している、皆さんの作品をご覧ください。




並べて鑑賞
IMG_6515s5.jpg
左から: Rさん、私の作品です。  対照的ですね。




Rさんの作品
       IMG_6534s5.jpg
   色々な種類のお花が、お庭を創っている雰囲気があり、とても華やかです。

       IMG_6533s5.jpg
           同じ数の花材を使っているとは思えないこの豪華さ!

            IMG_6530s4.jpg
リビストニアの一部をカットして、そこからフリージアをのぞかせてアレンジしているのが、工夫が凝らされていておもしろいです。 






私の作品
IMG_6506s5.jpg
左がわのリビストニアをカットしすぎてしまい、貧相な感じになり、テーマとはかけ離れた作品になりました。


       IMG_6536s45.jpg


       IMG_6546s45.jpg
ラケナリアの美しい花色に魅せられて~  このお花に出会えただけで、今回は嬉しさ倍増です。






上級生Kさんの作品
IMG_6550s5.jpg
リビストニアを高低差をつけているところが、宙に浮いているようで、 そこに、お花が見え隠れしている様子は、まるで”空中庭園”ですね。 

      IMG_6557s45.jpg


      IMG_6555s45.jpg








上級生の作品
IMG_6500s5.jpg
まるで天空の庭園のようです。                                         




IMG_6519s5.jpg

        IMG_6521s45.jpg






IMG_6538s5.jpg

      IMG_6542s45.jpg







IMG_6525s5.jpg

        IMG_6528s45.jpg
上級生の作品は、どれも今回のテーマをよく表現されていて素敵で、見ていてため息がでます。 私は、いつになったらこんな素敵なアレンジができるのだろう?と、憧れてしまいます。




YK先生の作品
IMG_6503s5.jpg

        IMG_6504s45.jpg
流れるようにリビストニアに沿わしたデルフィニウムが、とても素敵~

        IMG_6505s4.jpg







K先生の作品
IMG_6482sp5.jpg
         
     IMG_6483s45.jpg
                 IMG_6481s4.jpg
アネモネがリビストニアから顔をだしているアレンジが、とても愛くるしいです~





花材
IMG_6497s2.jpg IMG_6490s2.jpg IMG_6491s2.jpg
左から:リビストニア、 ラン(バンコクビューティー)、 デルフィニウム(トリック)


 IMG_6492s2.jpg IMG_6493s2.jpg IMG_6495s2.jpg
左から:アネモネ(ポルト)、 フリージア(トゥルーズ)、 カーネーション(クレオーラ)

              IMG_6496s2.jpg
               ワックスフラワー


その他:ラケナリア




             今日も見てくださり有難うございました。






tag : フラワー・アレンジメント 空中庭園

フラワー・アレンジメント (2017年12月) 新年のドアリース(モダンリース)



2017年12月のフラワー・アレンジメントのお教室 リビエール に行ってきました。

今回は、お正月用のドアリースをお稽古してきました。
和モダンなデザインがとっても素敵なリースです。 




並べて鑑賞
IMG_6404s5.jpg
左から: Sさん、Oさん、私、Kさんの作品です。




Oさんの作品
      IMG_6384s5.jpg

      IMG_6386s5.jpg
すらっとしたOさんのような作品だと思います。 ベアグラスのラインの流れが動きがあってとっても素敵~ 作品が大きく見えます。





Sさんの作品
      IMG_6409s5.jpg

      IMG_6378s5.jpg
ペーパーストローリースにからませた赤のラインがおしゃれ~  ベアグラスのラインも素敵~




私の作品
      IMG_6415s5.jpg


      IMG_6411s5.jpg
ベアグラスのラインが硬い感じ、さりげなく下垂させるのって難しいです。


IMG_6373s45.jpg
フレッシュのアンスリュームは、つやつやとして豪華です。





Kさんの作品
      IMG_6405s5.jpg
お正月らしいアレンジで、同じ数の花材を使っているとは思えないほど豪華です。 

IMG_6396s5.jpg


        IMG_6400s45.jpg
      ベアグラスのこのデザインが素敵だと思います。




Iさんの作品
       IMG_6379s5.jpg
Iさんは、特別なアレンジをしました。 翌日がご自分の結婚式なので、聖書を置く台に飾る作品を作りました。 白の胡蝶蘭、白のリボン、清楚な作品が完成。きっと素敵なウエディングだったでしょう。  Iさん、ご結婚おめでとうございます。



先生の作品
      IMG_6352s5.jpg

         IMG_6354s4.jpg
        華やかな作品にお正月らしさが溢れています。


花材
IMG_6364s3.jpg IMG_6363s3.jpg
    アンスリューム、           稲穂付編リース 等

その他:ベアグラス、ラタンストローリース、水引、ペーパーストローリース、ホルダー1本



         今日も見てくださり有難うございました。



tag : フラワー・アレンジメント ドアリース アンスリユーム

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]