今日の庭から


留守をしている間に、ジャングルと化した我が家の庭です。
今年の異常なお天気にもめげずに、元気に咲いていました。 雑草も元気ですが、お花たちも自然ですごく良い形で咲いているのに驚いています。 手をかけないほうがいいのかもしれませんね。



ハナトラノオ(花虎の尾)
    P1710240s5.jpg
満開のハナトラノオ、青みのあるピンク色が綺麗です。 シソ科の多年草、 庭のあちこちに咲いています。

    P1710210s5.jpg
     フィソステギアというおしゃれな名前ももっています。




ボッグセージ
    P1710137s5.jpg
   花期がとても長いので、この涼やかな水色にずっと癒されています。 

    P1710015s5.jpg
手をかけていないのに、毎年咲いてくれます。 後ろの黄色のお花は、ルドベキア・タカオです。




ルドベキア・タカオ
P1710205s5.jpg
今年は、増えすぎかもしれません。 こぼれ種が庭の隅っこのほうにとんだのでしょう、日陰のところでも元気に咲いていて驚きます。 丈夫ですね。 夏の我が家の庭には欠かせなくて、黄色のお花は庭を明るくし、元気を貰います。  ヒマワリの様な存在感があります。


P1710202s5.jpg
3~4cm位のお花は、可愛くて大好きです。特に、花弁が下がって黒い花芯が目立つと、黒目のように見えるので、アメリカでは、”黒目のスーザン”と呼ばれています。  バックの青いお花は、青色フジバカマです。




青色フジバカマ
P1710264s5.jpg
ユーパトリウム・セレスチナムという別名があります。 薄紫色のお花は、フワフワとしてとても可愛いです。 

P1710200s5.jpg
      暑さ、寒さにも強く、地下茎でどんどん殖えていきます。

        P1710241s4.jpg
              可愛くて大好きです~


    P1710248s5.jpg
植えた覚えのない白花が今年も殖えていました。 どこからやって来たのでしょうか? 大歓迎ですね。 





シュウメイギク
    P1710257s5.jpg
シュウメイギクが咲くと、秋の訪れを感じますね。 半日陰でも咲き、楚々としたところが好きです。

P1710221s5.jpg
名前にキクとついていますが、キクの仲間ではなくて、アネモネの仲間です。 お花は、そっくりですね。 




ヤブラン
P1710252s5.jpg
植えっぱなしでも良く育つとても丈夫です。 常緑の葉は細長くてお上品、穂状に咲く紫色のお花は魅力的です。  リリオペ、サマームスカリの別名があります。




ベンケイソウ
P1710237s5.jpg
ベンケイソウが咲き始めました。 我が家には3種類ありますが、これが綺麗に咲きました。 5mm位のピンク色の星形のお花が沢山集まって咲いていて、とても可愛いです~


    

         今日も見てくださり有難うございました。




tag : シュウメイギク ヤブラン ベンケイソウ ハナトラノオ フィソステギア ルドベキア・タカオ 青色フジバカマ ユーパトリウム・セレスチナム

満開のルドベキア・タカオ

 
猛暑のなか、黄色のルドベキア・タカオが、満開で綺麗です。

北米原産のお花で、日本には明治時代の中ごろに入ってきたそうです。
北米には、30種類ほどあるそうですが、とても丈夫で、その中の”ルドベキア・ラキニアタ(ラシニアタ)”は、殖え過ぎて野生化しているので、環境省の特別外来生物に指定されています。
”タカオ”が、そうならなければいいなと思いますが、日本の在来生物の生態系に悪影響を与えたら大変ですから、しかたありませんね。



          ―  ルドベキア・タカオ  ―
(キク科ルドベキア属、原産地は北アメリカ、耐寒性多年草、学名Rudbeckia triloba)
     P1620864s5.jpg
  花弁の黄色と花芯のこげ茶色のコントラストが綺麗です。


P1620875s5.jpg
1つのお花は小さいのですが、こんなにまとまって咲いていると、賑やかで、夏の庭によく似合います。 左上の紫色のお花は、ハーブのセイヨウニンジンボクで、ブルーのボッグセージは、今年は、ルドベキアの元気に少し負けているきがします。


     P1630064s5.jpg
こぼれ種で庭のあちこちに咲いています。 もう、ピンクのハナトラノオが咲き始めています。



P1630038s5.jpg
和名は、オオミツバハンゴンソウといい、とにかく丈夫です。 数年前の小さな苗からは想像がつかないくらい殖えました。  


     P1630060s5.jpg


P1620897s5.jpg
日当たりを好み、夏の猛暑、直射日光にも負けないくらいに強いです。 


P1630059s5.jpg
アメリカでは、ブラック・アイド・スーザン、Black-eyed Susan (黒目のスーザン)と呼ばれて、人気があるお花だそうです。 こげ茶色の筒状花(花芯)が、くりくりとした大きな目に見えてきました~



         今日も見てくださり有難うございました。




tag : ルドベキア ルドベキア・タカオ

今日の庭から、 色々と咲いています。 (追記 2017/1/12)

 

今日で5月は終わり、明日から6月、当たり前のこと言っていますが、1年も半分近く過ぎてしまいました。 本当に、時間がたつのが早くて気持ちが追いついていけません。 庭のお花たちの1番奇麗な姿も見逃すことが多くて、次々と咲きだすお花に季節を教えてもらっています。 忘れていたお花がひょっこりと現れると、「ああ、もうこんな時季なんだ」と、気が付くのです。 嬉しくなりますね。 我が家で咲き始めたお花を見てくださいね。
今日、アップしたお花の他には、今はユリが咲きだして綺麗です。 


突然ですが、この黄色のお花の名前がわからないので、どなたかご存知でしたら、教えて下さいませ。 もう、1年も調べているのですがわからないのです。
追記(2017年1月12日):わかりました。偶然読んでいた園芸の本で見つけました。 リシマキア・イエローボールです。 これですっきりとしました。


あなたのお名前は?   リシマキア・イエローボール 
   

     P1610495s4.jpg
     5mm位の小さなお花がブーケの様に咲きます。

    P1610434s4.jpg
                  蕾です。 

P1610703s5.jpg
この時期は、満開で黄色のお花が可愛いです。 1年中常緑で、葉も斑入りの部分もあり綺麗です。

     P1610432s4.jpg
2年前に葉が綺麗だったので、小さな苗を一株植えました。 こんな可愛いお花が咲くとは知らず、感激、そしてあっという間に増えました。 東側の半日日陰の場所が居心地がよかったのでしょうか、暑さにも寒さにもびくともしない逞しさがあります。



アジサイ
P1610701s5.jpg
赤紫色のアジサイ。 他に、ピンク、白、ブルーが咲いています。 


ブラックベリー
       s5_201605311829531be.jpg
           もうすぐブラックになるね。


アリウム・ギガンチウム
P1610694s5.jpg
           今年は、頭が小さいです。 


セイヨウニンジンボク     
     P1610686s5.jpg
               たくましいハーブです。


コバノズイナ
P1610381s5.jpg
白いブラシの様なお花は、触るとほわほわします。 近くには、ジキタリスが咲き、この場所はいい感じ~


ティアレア
P1610033s5.jpg
      この線香花火のような白い小花が可愛いのです~  


キショウブ     
      P1610431s5.jpg
キショウブは、もう終わりですが、今年は沢山咲いたので、アップしました。 5月20日の撮影です。 



         今日も見てくださり有難うございました。




tag : コバノズイナ キショウブ ブラックベリー ティアレア アリウム・ギガンチウム アジサイ

今日の庭から


連日の猛暑で、皆さんは体調は、大丈夫でしょうか?
庭には、朝早くと夕方の2回しかいられません。 こんな暑くても庭のお花は元気に咲いていて、当たり前ですが凄いと思います。雑草もぐんぐんと成長していて恐ろしいです。 では、元気に咲いているお花を見てくださいね。



トンボ
P1550814s5.jpg
 やっと、じっとしているトンボが撮れました。  トンボがくるとやはり、夏ですね。


ハナトラノオ  
   P1550811s5.jpg
     あちこちにピンク色のお花が咲き始めました。


ルドベキア・タカオ
P1550777s5.jpg
可愛いルドベキア・タカオ、”黒目のスーザン”と、呼ばれています。


セイヨウニンジンボク
P1550706s5.jpg


    P1550739s4.jpg
昨年の秋に、だいぶ小さく剪定したのに、またこんなに大きくなり、嬉しいやら、悲しいやら~  丈夫で驚いています。 


ダリア
P1550004s.jpg


P1540750s5.jpg
今年も咲いてくれて嬉しい黒のダリア、花弁の重なりが和菓子のようです。



シンフォリカルポス    
     P1550041s4.jpg
花後には、小さな真珠のような白い実がなります。 お花の花材としてよく使います。


ヤブラン   
     P1550823s4.jpg
草取りをしていたら、発見。 ひっそりと咲いていました。



ベルガモット  
   P1540864s5.jpg
ハーブのベルガモットモナルダともいいます。 燃えるような真っ赤な色のお花は、”タイマツバナ” という別名があります。 甘い香りは大好きです~


        今日も見てくださり有難うございました。



tag : ダリア ルドベキア・タカオ ハナトラノオ セイヨウニンジンボク シンフォリカルポス ヤブラン ベルガモット モナルダ

シランが満開、 カラー、 ミヤコワスレも。

  春に水仙が咲いたところに、毎年シランが咲きます。 まるで、水仙とバトンタッチしているようです。まだ、水仙の葉が黄変していない部分もあり、混みあっていますが、紫ピンク色のお花は、庭を彩ってくれています。 ほかにも、カラーの白いお花も、美しく咲いています。


              ― シラン (紫蘭) ―
(ラン科ラン属、原産地は日本、台湾、中国、宿根草、学名 Bletilla striata)
  
     P1530337s5.jpg
     本州中部以西に分布する野生のランの仲間です。

    P1530134s4.jpg
紫色の蘭であることから、シランという名前だそうですが、

    P1520872s4.jpg
白色のもあります。 植えっぱなしでも毎年咲き、手間がかかりません。

     


               ― カラー ―
(サトイモ科 オランダカイウ属、南アフリカ原産、学名 Zantedeschia)

    P1530390s5.jpg
        しとやかな乙女が佇んでいるようですね。


      P1530157s4.jpg
白の部分は、仏炎苞といってお花ではなく、中心の黄色の棒状部分が実際のお花です。


P1530162s5.jpg 
本当に美しいです~ 白のところが、修道女の襟(Collar)を連想させるというところから、カラーとつけられたそうです。 清楚な雰囲気がありますよね。 原産地の南アフリカでは、「varkoor]と呼ばれ、”豚の耳”を意味するそうです。 イメージが壊れてしまう~ お花の別名には、思い描いているイメージとは、ほど遠い名前がついているのもあり、びっくりすることがありますね。



               ー ミヤコワスレ ―
(キク科ミヤマヨメナ属、原産地は、日本、学名 Gymnaster savatieri)

P1530056s5.jpg
ミヤコワスレの名前が、好きです。 名前の由来は、承久の乱のときに、佐渡に流された順徳天皇が、このお花を見ると都への思いを忘れられるとの話によるとされています。 (Wikipedia より) 
濃い紫色が、いつのまにか消滅して、薄紫色ばかりになりました。

P1520591s5.jpg
    別名は、野春菊(ノシュンギク)、東菊(アズマギク) 


     P1520592s4.jpg
           ピンク色は、ずっと変わらず可愛いです~



      今日も見てくださり有難うございました。


tag : シラン カラー ミヤコワスレ

今日の庭から



留守をしていたので、チューリップの季節が終わり、我が家の庭が一変しました。 
これから、夏に向かって、いろいろなお花が咲きだすこの季節は、わくわくします。 


P1520630s5.jpg
ハーブのボリジがこんなに大きくなっていました。 ブルーのお花が綺麗です~  ハーブとしては何も利用しないのですが、このブルーのお花が好きなので,植えています。

P1520566s5.jpg
   シャクヤクのまん丸の蕾が可愛い~  いつ咲くかな~?

P1520563s5.jpg
            ピンクのツツジが満開~


P1520596s5.jpg
赤のツツジも1番綺麗な時、ツツジが咲くと5月を実感します。 手前は、ミヤコワスレ、と、シラー・ベルビアナ、左後ろは、フラメンコというチューリップ、まだ咲いていて、うれしいです。

P1520467s5.jpg
東側の庭は、クレマチスワスレナグサアリウムが咲きはじめています。  留守前は、その手前には、チューリップピンクダイアモンドクインオブナイトが咲いていました。 チューリップの咲いていた景色が懐かしいです~ 


P1520355s5.jpg
ユリもぐんぐん大きくなって、アネモネが陰に隠れてしまいました。 やっぱり、お花が生き生きと咲く5月は、素晴らしいですね。 大好きな季節です。 


       今日も見てくださり有難うございました。


tag : ツツジ ワスレナグサ アリウム ミヤコワスレ シラー・ベルビアナ クレマチス チューリップ ボリジ シャクヤク

フジ と プルモナリア

 
今年も、我が家のフジが咲きました。  フジが咲くと、これから訪れる5月の美しい季節を実感します。 そして、花壇の片隅に、咲くプルモナリアの青いお花が目をひきます。、

             ―  フジ  ―
(マメ科フジ属、原産地は日本、耐寒性落葉蔓植物、学名: Wisteria floribunda)


P1510776s5.jpg
             見事に咲きました。


     P1510778s4.jpg
フジの花色は、”藤色”とよばれるほど、薄紫色が綺麗ですね。 


     P1510790s5.jpg
この房は、60cm位の長さがあり、甘い香りがただよっています。 大きな太っている虫が、5~6匹、ホバリングしています。 

       2013年の記事は⇒こちらからご覧ください。




              ― プルモナリア   ―
(ムラサキ科プルモナリア属、原産地はヨーロッパ、常緑多年草、 学名:Pulmonaria )


P1480258s5.jpg
綺麗なブルー、 チューリップの陰にひっそりと咲いていますが、花色があまりにも美しいので、目立ちます。


        P1480199s4.jpg


P1480075s5.jpg
プルモナリアの名前は、ラテン語の ”肺”を意味する ”Pulmonaris” からきているそうです。

P1480197s5.jpg
咲き始めは、赤っぽい色をしていて、そのあとにブルーになります。 この色合いも好きです。
園芸種では、青色のほかに、白、薄赤色があるそうです。 


しばらく、留守をしますので、コメント欄を閉めさせていただきますね。


        今日も見てくださり有難うございました。




tag : フジ プルモナリア

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]