fc2ブログ

2022年5月に咲いたお花たち ③


今年の5月に我が家に咲いたお花たちの3回目です。 

今回はちょっと珍しいシラーの大型種の ”シラー・ブルーアロー” をしつこくアップしましたので見て下さい。 薄紫色のお花が魅力的です。

このシラーは、初めてなので、開花がすごく楽しみで、発芽から開花まで、ずっとワクワクしながら観察しました。

中近東からイスラエルあたりが原産のユリ科の耐寒性球根植物です。

別名は、ヒヤシンス・スクイル(Hyacinth Squil)といい、耐寒性、耐暑性に強く、数年、植えっぱなしでも咲くそうなので、来年も楽しみになりました。


IMG_2372s5_20221002214119d41.jpg
真上から見たお花の姿が、まるで花火の様にも見えるし、観覧車にも見えて何か楽しい雰囲気です。 綺麗で、蕾がまだ沢山あります。


IMG_2415s5.jpg
まだ少し開花していない蕾がありますが、ほぼ満開で球形になりました。 この形が可愛いです。 


IMG_8796s32.jpg IMG_0592s32.jpg
4つ球根を植えましたが、1つは発芽しませんでした。 発芽したら、グングンと花茎をのばして蕾が沢山つきました。 蕾は、下から上に向かってゆっくりと咲いていき、薄紫色の星形のお花が咲き綺麗なんです。


     IMG_0835s5.jpg
順調に伸びて、1m以上になり、元気に育ちました。 放射状に咲いた小花が、まるで線香花火が、パチパチしているようです。


     IMG_0936s5.jpg
 2つ目も咲いてきて、仲良くバンザイをしている様でユーモラスで、可愛いです。


     IMG_1306s5.jpg
ちょっとくねりながらも真っすぐに伸びる花茎の先に向かって、少しずつ薄紫色の小花を咲かせていくさまは、神秘的で本当に美しいです。


     IMG_1332s5_20221002214143e5e.jpg
     風にゆらゆら揺れる花姿は美しく、沢山の星が輝いているようです。


        IMG_0880s4.jpg

     IMG_2357s4.jpg
                天辺まで開花しました。


        IMG_0589s45.jpg

        IMG_1292s45.jpg

        IMG_1310s45.jpg
     こんな小さなお花が集まって円錐状のお花を形成しています。 可愛いですね。



            今日も見て下さり有難うございました。



tag : シラー・ブルーアローヒヤシンス・スクイルシラー

2022年5月に咲いたお花たち ②


今年5月、我が家の庭に咲いたお花の2回目です。

ふりかえって見れば、色々と咲いていて、まるで春に戻ったような気持になり、懐かしいです。 しつこくアップしましたが、見て下さると嬉しいです。 



コバノズイナ
IMG_3227s5.jpg
枝先にブラシのような白いお花を咲かせる北アメリカ原産の落葉低木です。 秋には美しく紅葉します。


IMG_2697s32.jpg IMG_3230s32.jpg
黄緑色のつぼみから、小さなお花を密集して咲かせ、ブラシ状になります。 フワフワとして触ると気持ちがいいです。



クレマチス
IMG_2954s5.jpg
蕾が開き始めたクレマチス。 チューリップのお花と間違えるほど、透明感があり綺麗です。


IMG_3153s5_202209291423302d5.jpg
コバノズイナの根元に地植えにしています。 ほとんど手をかけずにいるのに、毎年2~3個のお花が咲くので、もう少し面倒を見たら、沢山お花が咲くかしら? クレマチスの花後の管理が難しくて放ってしまいます。 コバノズイナのお花が咲くころに枝の間から蔓をのばして、良い感じにお花を咲かせてくれます。 名前は不明ですが、お花が綺麗です。



ニゲラ
IMG_3650s5_20220929142349aaa.jpg

IMG_3727s5.jpg

IMG_3729s5.jpg

IMG_2912s5.jpg
独特の造形美を感じるニゲラのお花、 こぼれ種で良く増えます。 ペルシャンジュエルという混色の種類ですが、今年は水色のお花が咲きませんでした。 葉もユニークで、面白く、糸のように裂けて広がり、とげとげしく見えますが、触ると柔らかいです。


IMG_2910s32.jpg IMG_4994s32.jpg
今年は白花が多かったです。 花後の果実は、面白くて楽しい形をしていて、ドライフラワーにすると、アレンジメントのアクセントになります。



ゼラニウム
IMG_3912s5.jpg
ゼラニウムは、あまりにもポピュラーすぎて、今まで詳しくアップしたことがなかったのですが、気がつけば、ほぼ1年中お花を咲かせる優秀なお花なのですね。 南アフリカ原産なので、花色も豊富で、咲き方も多様です。

IMG_3906s5.jpg
鮮やかなお花は、まわりを明るくします。 葉の匂いは、苦手ですが、この香りが虫よけ効果があるそうです。



サルビア・ネモローサ ”ニューディメンションブルー
IMG_3800ps5.jpg
ブルーサルビアの一種で、毎年良く咲いてくれ楽しませてくれます。5~6年前に息子が母の日にくれた種をまいたものです。

IMG_3652s32.jpg IMG_3048s32.jpg
  青紫色のお花は、美しく、小さなお花を下から上に穂状に咲かせます。



サルビア・ナナディープブルー
    IMG_3211s5_202209291423364ac.jpg
ブルーサルビアは一つあるのに、今春にまた購入してしまいました。 灰色がかった葉にこの綺麗な花色と、何よりも花茎の紫色が綺麗だったのにひかれました。


IMG_3614s32.jpg IMG_3612s32.jpg
夏の陽ざしの中で、ブルーのお花が涼しげでした。 今も、まだお花が少し咲いていますが、紫色の花茎は緑色になりました。



          今日も見てくださり有難うございました。





tag : コバノズイナクレマチスゼラニウムニゲラブルーサルビアサルビア・ネモローサニューディメンションブルーサルビア・ナナディープブルー

2022年5月に咲いたお花たち ➀


今年5月に我が家の庭を彩ってくれたお花たち、沢山のお花が咲きましたが、今回のお花は種まきから育てましたので懐かしくて愛おしく感じます。

どれも初めてのお花なので、開花したときは嬉しく、また、あまりにも綺麗なお花だったので大好きになりました。 



クリサンセマム・コケイド (Chrysanthemum Cockade)
    IMG_3257s5.jpg
北アフリカ原産のキク科のお花。 お花の中心に輪のような模様が花弁にできる様は、華やかです。 20粒の種を蒔きましたが、発芽したのは8つ、大きく育ったのがこの一株だけでした。 大きくするまでとても気を使いました。 苗ではあまり出回らないようで、種で育てるほうが多いそうです。  


IMG_2587s5_20220927145727413.jpg
ハナワギクという別名があります。 園芸種によって、花弁にできる輪の形も色も様々だそうです。


    IMG_3577s4.jpg
        種の袋の写真とまるっきり同じのお花が咲きました。



IMG_4362ps32.jpg IMG_4363s32.jpg
     お花が終わったあとの姿も可愛くて、見ていて楽しいです。



クナウティアマセドニカ (Knautia Macedonica)
IMG_3857s5.jpg
濃いルビー色のお花は可愛くて、 花茎は分岐して次々とお花が咲き、花期が長くて楽しめました。 風に揺れる花姿は、自然な感じがして癒されました。 東ヨーロッパ、バルカン半島が原産で、スイカズラ科の宿根草です。 こぼれ種でよく殖えるそうですが、来年が楽しみです。


IMG_3869s5.jpg
     花径は約3cm、花茎が良く分岐して、次々にお花が咲きます。 


IMG_3862s32.jpg IMG_2534s32.jpg
IMG_2552s5.jpg
              蕾も可愛いですね~


IMG_3199s5.jpg
         まるで針が刺してあるピンクッションのようです。 


IMG_2963s5_202209272035235c6.jpg
和名は、”アカバナマツムシソウ”、 別名が、”スカビオサ・ルメリカ”、”クナウティア・マケドニア”といい、スカビオサの仲間です。


IMG_2959s5.jpg
英語の読み方で、”ノーティア・マセドニカ” の名でも流通しているそうです。 色々な名前があるので、混乱してしまいますね。



          今日も見てくださり有難うございました。





tag :                          クリサンセマムコケイドハナワギククナウティアマケドニカノーティアマセドニカクリサンセマム・コケイドクナウティア・マケドニカスカビオサ・ルメリカアカバナマツムシソウ

2022年4月に咲いたお花たち ④


今年4月に庭に咲いたお花の4回目です。

これから、5、6、7、8月までのお花をアップできたらいいなと思います。
4月のお花は今回で終了ですので最後まで見て下さると嬉しいです。 


プルモナリア
IMG_7213 (2)s5

IMG_6324 (2)s5
この花色に魅せられます。 鮮やかな美しい青の色にうっとりとしてしまいます。 早春のまだ寒い時期に咲き始めて5月の初めごろまで咲き長く楽しませてくれます。 咲き始めはピンク色で、次第に青色に変化していき、2色咲きのように見えます。耐寒性は強くて、大きな葉を枯らして、自らの芽の上を覆うようにして寒風などから守るという素晴らしい能力があります。 地植えにしていますが、手間がかからず毎年お花が見られます。 ピンク色、白色もあるそうです。




フリチラリア・ペルシカ
   DSC_3620 (2)s45s40
              暗紫色の神秘的なお花。
   ユリ科バイモ(フリチラリア)属、西アジアが原産の球根植物です。 


      IMG_8167s45 (2)
まっすぐ伸びた花姿が美しい~ 1m近くあります。 シルバーがかった黄緑色の葉も美しいです。 フリチラリアの中でも大型の種類で、60cm~1m以上になります。 世界に130種あり、北半球の温帯に分布しています。


      IMG_7710 (2)s45
          風があたり花先が曲がってしまいました。        

      IMG_7711 (2)s45
    数えきれないほど鈴なりに咲いた釣り鐘状のお花が魅力的すぎます。


IMG_7714s32.jpg IMG_7718s32.jpg
スモーキーな黒色のお花は何とも美しくて、一度見たら印象に残るほど存在感があります。


      DSC_3704w32s45.jpg
           天辺まで咲いた釣り鐘状のお花。



生育過程

IMG_6441s32_20220921105242fc0.jpg IMG_6826s32.jpg
        沢山の蕾をつけて発芽、次第に大きくなりました。


IMG_6926s32.jpg IMG_7463s32 (2)
      少しずつ花茎が伸びてきて、蕾の色の変化もしてきました。



          今日も見て下さり有難うございました。




tag : プルモナリアフリチラリア・ペルシカ

2022年4月に咲いたお花たち ③


今年、我が家の庭を彩ってくれたくれたお花を振り返って紹介していますが、前記事で4月のお花は、終了と書きましたが、まだ沢山のお花がありましたので、今回と次回も4月のお花をアップしたいと思います。また見ていただけたら嬉しいです。



ネモフィラ
IMG_0009s32.jpg IMG_7726s32.jpg
澄んだブルーのお花が可愛らしいです。 北米原産の1年草で、こぼれ種で毎年咲いてくれます。 和名はルリカラクサといいます。


フリージア
IMG_8479s32.jpg IMG_9966s32.jpg
甘い香りに魅かれるフリージアは、ほっておいても毎年咲きます。 ピンク色は八重のお花でとても華やかで、「ハネムーン」という名前です。



カイドウ
  IMG_7897s45.jpg
        IMG_7398s45.jpg
淡いピンクのお花は下向きに咲き美しいです。 中国が原産のバラ科の落葉低木です。 桜が散り始めるころにカイドウは咲き始めます。桜もカイドウも同じバラ科ですが、カイドウはリンゴ属、桜はサクラ属です。



プシュキニア・リバノチカ
  IMG_8003 (2)s45

  IMG_7737s45.jpg

IMG_7745s32.jpg IMG_7747s32.jpg
トルコ原産の小さい球根植物です。 ヒヤシンスを小さくしたような花姿と透き通るような清楚な花色が魅力で、私のお気に入りのお花の1つです。淡い水色の花弁にブルーのストライプが入るリバノチカの小さな花弁が大好きです。


オキザリス
IMG_5921s32.jpg IMG_5922s32.jpg
八重のバラ咲きのお花が可愛いです。 カタバミ科で、800~850種があり、世界中に分布しているそうです。道端などに咲いていて可愛いですね。


プリムラシネンシス
IMG_0441s32.jpg IMG_0438s32.jpg
中国四川省が原産とされています。サクラソウ科プリムラ属の多年草で、半日日陰を好みます。 ハート型の5弁のお花は清楚で可愛いです。 こぼれ種でよく殖えると言いますが、我が家ではないですね。 


シラー
IMG_0230s32.jpg IMG_9490s32.jpg
チューリップとの寄せ植えの鉢に植えてあったピンク色のシラーは、可愛くて沢山増えてほしいです。




ライスフラワー
IMG_7776s32.jpg IMG_7779s32.jpg
このお花、とっても可愛らしいです。ライスフラワーという名前のように小さな蕾が、まるでお米の様にみえます。蕾の色は咲き進むとピンク色から白になり綺麗です。キク科ですから、数ミリの大きさの菊のような小さなお花が咲きますが、あまり目立ちません。 ライスフラワーは蕾の時が一番綺麗だと思います。 フラワーアレンジメントの花材に生花もドライにしたのもよく使います。オーストラリア原産の常緑低木で、今年、50cmくらいになりました。 1年草の花苗だと思いチューリップとの寄せ植えに、昨春に購入し、木になったので驚きました。 乾燥気味に育てるのがよいそうです。



エリシマム・スプリングパーティー
IMG_9342s32.jpg IMG_9344s32.jpg
カラフルな色合いが可愛いです。 これは、ウォールフラワーです。 一株で3色のお花が咲き、楽しくおしゃべりをしているようです。 今年の春に初めて購入、 1年草だと思っていたら多年草なので、冬越しが心配です。



         今日も見てくださり有り難うございました。 
  


tag : ネモフィラエリシマム・スプリングパーティ―シラーライスフラワーオキザリスプリムラシネンシスプシュキニア・リバノチカカイドウフリージア

2022年4月に咲いたお花たち ②


今年4月に我が家の庭に咲いたお花の2回目です。

初めて育てたお花、個性的なお花など綺麗に咲いたお花を見てください。

4月のお花は、今回で終わりですので、次回は5月のお花を紹介したいと思います。 また見てくださると嬉しいです。


ウォールフラワー
 IMG_8039s45.jpg
昨年の母の日に息子が送ってくれた種から育てました。 外国の腫屋さんのものなので英語表記で詳しいことはわからず、蒔く時期が秋ごろと書いてあったので、昨秋にまきました。 イギリスの会社の種なので日本と気候は違い、秋と言っても大丈夫かしらと思いましたが、順調に発芽して開花したので嬉しいです。 オレンジ色と黄色の2色ですが、春らしくて可愛らしいお花です。
。 

 IMG_9065s45.jpg
北半球の温帯地方には100種ほど分布しています。 南ヨーロッパが原産で、壁に沿って咲いていたり、石の間に咲くなどから、「ウォールフラワー」(Wallflower) と呼ばれたそうです。別名は、チェイランサスエリシマム、和名はニオイアラセイトウと言います。


IMG_8600s32.jpg IMG_8964s32.jpg
4弁の小さなお花が茎の先端に密集して咲きとても可愛くて、初めてのお花でお気に入りになりました。 日本では、秋まき1年草です。




キルタンサス
 IMG_1542s45.jpg
南アフリカが原産のキルタンサスは、とても丈夫で、植えっぱなしで手がかかりません。 この場所にもう10年以上前に植えてから、毎年、可愛いお花を咲かせます。 南アフリカには45~50種が自生しているそうです。


IMG_0809s32.jpg IMG_0681s32.jpg
ヒガンバナ科で、細長い花茎の先端に筒状のお花が集まって咲きます。ピンク色っぽいオレンジ色のお花は可愛くて、和名は、角笛草(ツノブエソウ)、笛吹き水仙(フエフキスイセン)と言い、 英名では、Fire lilyと言います。 和名も英名もそれらしい雰囲気がありますね。



バビアナ (赤)
IMG_1021s32.jpg IMG_0730ps32.jpg
バビアナは南アフリカ原産のアヤメ科、ホザキアヤメ属(バビアナ属)の球根植物です。花姿は品種により大きく異なり、筒状や、カップ状があり、花色は数えきれないほどあるそうです。


      IMG_1022s45.jpg
       葉の間から花茎をのばして穂状にお花は咲きます。


     IMG_1023s45.jpg
南アフリカのお花の色は派手な感じがするので、このシンプルな赤色は、鮮やかで力強い感じをうけます。



バビアナ・ルブロキネア
 IMG_9910s45.jpg

 IMG_2688s45.jpg
この鮮やかなお花の色が個性的です。 青紫色の花弁に中心部の赤色のコントラストが目を見張る様に綺麗でずっと眺めてしまいます。 


IMG_9653s32.jpg IMG_9837ps32.jpg
         すらっとして咲いている花姿は美しいです。


         今日も見てくださり有り難うございました。


tag : ウォールフラワーチェイランサスニオイアラセイトウエリシマムキルタンサスバビアナバビアナ・ルブロキネア角笛草笛吹水仙

2022年4月に咲いたお花たち ➀


少ししのぎやすくなってきましたが、まだ残暑は厳しいですね。

今の時季は庭にお花があまりないので、今年の春に色々なお花が咲いていたのが懐かしいです。

綺麗に咲いたのにブログにアップできなかったお花たちを少しずつ見ていただきたいと思います。




西洋オダマキ
      IMG_8550s5_2022091121235680f.jpg
昨秋に種まきで育てた西洋オダマキの混合色が元気に咲いてくれました。 息子が外国の種苗会社から送ってくれました。 無事咲いてくれてほっとしました。

IMG_9499s32.jpg IMG_9502s32.jpg
              ピンク、水色が綺麗でした。

IMG_9511s32.jpg IMG_9986s32.jpg
              紫色と青色も綺麗でした。



オーニソガラム・ウンベラータム
IMG_963432.jpg IMG_8907s32.jpg
6弁の星形のお花が清楚で可愛いです。 英名では、「ベツレヘムの星」といい、キリスト誕生の夜に光輝いたと言われる「ベツレヘムの星」に例えられています。 ワスレナグサとアネモネと寄せ植えしています。アネモネは先に咲き終わりました。


オーニソガラム・ダビウム
IMG_8089s32.jpg IMG_2105s32.jpg
白いお花が多いオーニソガラムの中で、この黄色のお花は鮮やかで見ていると元気になります。


ミヤコワスレ
IMG_0990s32.jpg IMG_9799s32.jpg
ツツジの根元に咲き、陰になっていても毎年咲きます。 濃い紫色とピンク色は消滅しました。



アネモネ
IMG_7826s5.jpg

IMG_7585s5.jpg
 オーニソガラムと一緒に植えたアネモネ、今年も咲いてくれて嬉しいです。 


シャガ
  IMG_7891s45.jpg
消滅したと思っていたシャガが咲いていました。シャガのお花を見るたびに、この複雑なお花の構造と、花色にうっとりとしてしまいます。そして、自然が創りだした芸術作品だと思います。



ビグノニアツリガネカズラ
IMG_0702s32.jpg IMG_0694s32.jpg
もう10年以上前にお友達から頂いたビグノニアは、丈夫で元気でどこまでも蔓をのばして、今年は乙女椿の天辺で沢山のお花を咲かせていました。 ノウゼンカズラ科なので、お花も似ているし、丈夫です。 


カマッシア
IMG_9870s32.jpg IMG_9872s32.jpg
ここ数年、お花を咲かせてくれるカマッシアは、ちょっと小さなヒヤシンスのようで、星形のお花が集まって一つのお花を作っています。 青紫色の花弁と黄色のシベのコントラストが綺麗です。



          今日も見て下さり有難うございました。





tag : アネモネオーニソガラム・ウンベラータムオーニソガラム・ダビウムミヤコワスレ西洋オダマキカマッシアビグノニアツリガネカズラシャガ

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
09 ≪│2022/10│≫ 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]