FC2ブログ

ローズマリーの青い花



こちら関東地方にも雪がふり今までにない寒さを感じています。
外出時には、カイロをはり、手袋、マフラーそしてマスクは欠かせません。

そんな寒い中、庭のローズマリーのお花が次から次へと咲いています。
寒い時期に蕾も沢山ついていて信じられないですね。
水色のお花は、日に当たりとても綺麗です。 ハーブなので、香りも良くて、リースやスワッグを作るのも楽しみです。


           ー   ローズマリー   ー
(シソ科マンネンロウ属、原産地は地中海沿岸、学名Rosmarinus officinalis、常緑低木)

P1780970s5.jpg
             こんなに沢山咲いています。
ローズマリーの開花期は種類にもよりますが、3~11月、生育温度は20~25度だそうですが、我が家では、昨年12月ごろから咲き始めています。 昨年は春らしい日が続いたからでしょうね。


     P1780974s5.jpg
         

     P1780973s5.jpg
           灰色がかった蕾も可愛いです~         


     P1780804s5.jpg
青いお花は可愛いですが、 レンズを通してみると、けっこう複雑な花形をしているんですね。         

     P1780800s5.jpg
学名のRosmarinusは、「海のしずく」という意味だそうですが、ヨーロッパでは、教会、死者、生者を悪魔から守る神秘的な力を持つといわれて記憶や友情を意味するそうです。         


          今日も見てくださり有難うございました。




tag : ローズマリー ハーブ

立春


早いもので、今日は立春ですね。
関東地方はとても暖かくて4月ごろの陽気だそうです。
昨日は、節分、豆まきをしました。  何やかやと毎日忙しいので、ゆっくりと季節を感じないままに時間が経ち、今年の1月は今までで1番早く過ぎてしまった感じがします。

植物たちは、時期がくれば芽をだし、忘れている季節を教えてくれて、とても有難くて、愛おしくなります。
冬枯れの我が家の庭にも春の兆しが見られます。

チューリップ、クロッカス、ヒヤシンスなどの球根類も芽をだして、大きくなってきました。
今日の暖かさで、のお花も沢山咲いたでしょう。
留守をしているので、帰宅が楽しみです。



プスキニア・リバノチカ
P1790044s5.jpg
今年で3年目なので、お花もとても小さくなりましたが、手もかけないのに毎年咲いてくれて嬉しいです。ブルーのラインのあるお花が特徴なので、こんなに小さな蕾でもすでにラインが見えます。  元気に開花してね~


P1790047sp5.jpg
            こんなに小さいです。


クリスマスローズ
P17809975.jpg
今年も沢山の蕾をつけてくれました。踏まないようにネットをかぶせました。

P1790036s5.jpg




P1790012s5.jpg
蕾が、毎日ふくらんできています。 まだ一輪咲いているだけです。

P1790016s5.jpg



ヒマラヤユキノシタ
P1790008s5.jpg


P1790006s5.jpg
ピンク色のお花が可愛いくて開花が楽しみです。枯れ葉の中で膨らんだピンク色の蕾が目をひきました。



ゲラニウム
P1790032s5.jpg
10年前に植えた白花のゲラニウム、この場所が気に入ったようです。 葉の形もかわいいです。 後ろの葉はスノーフレークで生きがいいです。



水仙・ペーパーホワイト
P1780988s5.jpg
次から次へと咲くペーパーホワイト、まだまだ楽しませてくれます。我が家では、1番早く咲く水仙です。



           今日も見てくださり有難うございました。



tag : プスキニア・リバノチカ ゲラニウム ヒマラヤユキノシタ 水仙・ペーパーホワイト

小菊 2種




秋も深まり、我が家の庭にも紅葉が少しづつ始まりました。

この時期に咲く小菊も秋の風情を感じさせてくれます。



名前不明の小菊

P1780560s5.jpg
開花すると白いのですが、蕾の時はこんなにピンク色です。 白のお花が咲くとは思えないです。 綺麗ですね。


P1780626s5.jpg



P1780627s5.jpg



P1780630s5.jpg
このは、ヒメコブシの木を購入したときに、小さな芽が一緒についていたのを、地植えにして大きくなりました。 小さな葉は、の葉だとわかりましたので、どんなかと楽しみにしていました。 思いがけないおまけをもらったようで、ラッキーです。





オビトケギク(キク科シオン属、山野草、 学名 Aster ageratoides subsp.ovatus)

P1780605s5.jpg
山野草のオビトケギクは、花弁が特徴があり、とても可愛いです。 花弁は細長い筒状花で、花弁と花弁の間はすきまがあります。


    P1780783s4.jpg
      ノコンギクの変種だそうですので、蕾のときは、薄紫色です。


P1780638s5.jpg



P1780805s5.jpg
強い耐寒性があり、手間がかからないのでたすかります。 満開なので、雪が積もったように綺麗です。



         今日も見てくださり有難うございました。





tag : 小菊 オビトケギク

マンリョウの赤い実


冬枯れの寂しい庭にマンリョウの真赤な実が目をひきます。

我が家のマンリョウは、すべて鳥が運んでくれたもので、庭のあちこちに咲いています。
赤のほかに、数は少ないのですが白の実のもあり、ちょっと得した気持ちですね。

赤く色づく前のマンリョウの実が、とっても可愛いいので見てください。



           ー   マンリョウ万両)  ー
(サクラソウ科ヤブコウジ属、原産地は日本、台湾、朝鮮半島、学名Ardisia crenata)

P1780533s5.jpg
           実は黄緑で茎が赤いのも、いい感じ~



P1780537s5.jpg
  赤い茎の先は、星の形になっているのが、すご~く可愛いですね。


P1780519s5.jpg
グリーンの実に赤い茎のコントラストが綺麗です。 クリスマスカラーの様です。


P1780518s5.jpg
      徐々に赤く色づいていき、星形も目立たなくなります。


P1780762s5.jpg
 今はこんなに赤くなりました。 熟したつやつやした赤い実は、庭を彩ってくれます。



        今日も見てくださり有難うございました。




tag : マンリョウ 万両

ええ? 今なの?


今日から11月ですね。 やっと秋らしい肌寒さを感じます。 

台風24号の塩害で、ダメージがひどかった我が家の庭、季節はずれのお花が咲いていて、驚いています。
ずっと、暖かかったので、慌てて咲いてしまったのですね。 本当に可愛らしいです。
寂しくなった庭に、小さくても可愛いお花がみられるのは、気持ちが和みますね。



庭梅
P1780480s5.jpg


   P1780592s4.jpg
塩害で葉が全部落ちてしまった庭梅のお花が、幾つかお花が咲いていて、嬉しいです。



サフラン
     P1780571s5.jpg


     P1780576s4.jpg
サフランって今頃、咲くかしら?  庭植えで、こんなに早く咲いたのは、初めてです。 可愛いです~



ジキタリス
      P1780602s5.jpg

         P1780603s4.jpg
ジキタリスは、勘違いで咲いたのでしょうか? 暖かい日が続いていたからですね。




ワスレナグサ
P1780406s5.jpg
春に咲いていたワスレナグサは、もうすっかりなくなっているのに、どうしたのでしょうか? 葉も活き活きとしています。 咲き遅れてしまったのでしょうか? このブルーのお花は、小さくとも目立ち、とても綺麗です。


         今日も見てくださり有難うございました。





tag : 庭梅 サフラン ワスレナグサ ジキタリス

凄いサプライズ‼ 庭にノブドウが現れた。


ずっと憧れていたノブドウが、我が家の庭にありました。 きっと鳥が運んでくれたのだと思います。
2~3年前から、雑草の中にちょっと気になるつる性の植物がまぎれていて、葉がつややかで、茎の色も綺麗なので、抜かずにそのままにしていました。 今年初めて青い実を発見して、ノブドウとわかり、嬉しくてたまりません。

鎌倉のお寺の庭に咲いていたノブドウの青い実を見てから、私のノブドウ探しが始まりました。
道端や空き地に普通に咲いていたり、大きな木に雑草と一緒に絡みついているのを見て、ますます欲しくなりました。

夏に地味な白いお花が咲き、花後に、初めは緑色で、熟すと青紫色、赤紫色の実を秋につけるそうです。
お花が咲いているところを見逃してしまい残念ですが、青い実が見られて良かったです。 鳥さんたちからのサプライズプレゼントに感激しました。



            ー ノブドウ ((野葡萄) ―
ノブドウ科ノブドウ属、原産地は日本、東アジア、つる性落葉低木、学名Ampelopsis glandulosa Var.)
 
P1780421s5.jpg
       緑色の実、色が変わるまで落ちないでね。 


P1780405s5.jpg
          少し色の変化がでてきました。 


P1780415s5.jpg
青紫色の実が一つだけど、綺麗です。 この実は食べられません。




     ノブドウ
ウィキペディアから画像を拝借しました。 本当に宝石がなっているようで美しいですね。 我が家もこんな沢山の実が見られたらいいなあ~と思います。

この実が、色々な色になるのは、ハエやハチの幼虫が寄生して ”虫えい(ちゅうえい)” を作る影響によるものだそうです。

初めて聞く ”虫えい” ですが、 ”虫こぶ” ともいわれて、寄生生物の寄生によって、植物の組織が異常な発達を起こしてできるこぶ状な突起のことです。 実が大きかったり、不規則にゆがんだ形、そして赤色になっているのは、この ”虫えい”の影響だそうです。 実を割った画像を、ネットで見ましたが、中に幼虫がいて、ちょっと気持ちが悪いので、私は自分では確かめる気はないです。 



          今日も見てくださり有難うございました。




tag : ノブドウ つる性植物

塩害にあいました。


先日の台風で、我が家の庭の植物がダメージを受けました。

潮風による塩害です。

海の近くに住んでいるので、今までも潮風はあたっていましたが、こういうことは初めてで驚いています。
雨の量が少なくて、お塩を洗い流せなくて、塩分が残ってしまったそうです。 植物だけではなくて、フェンス、べランダの手すりなどもベタベタしています。  

これから沢山のお花を咲かせようとしていたのに、お花たちは、かわいそうですね。 私も残念です。


セイヨウニンジンボク
P1780344s5.jpg
紫色のお花が綺麗に咲いていたのに、こんな状態に。葉もチリチリになり本当に残念です。


     P1780386s45.jpg
    このまま枯れてしまうのでしょうか? 心配です。

     P1780013s45.jpg
         こんな綺麗に咲いていました。




ワレモコウ
       P1780382s4.jpg
       大好きなワレモコウも被害にあって、悲しいです。


P1780381s3.jpg P1780380s3.jpg
     蕾も膨らんできたのに、枯れていっています。


ヒメコブシ
       P1780375s5.jpg
        冬芽が残っているから、お花は咲くかしら? 



紅葉
       P1780373s5.jpg
     葉が全て、ちじれています。これから、紅葉するのに残念です。



          今日も見てくださり有難うございました。



tag : 塩害 セイヨウニンジンボク ワレモコウ

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]