FC2ブログ

リコリスのピンクの花


毎年咲く、ナツズイセンが、今年は一つも咲かず寂しいなと思っていたら、そっくりなお花が咲いていました。

たぶん、2~3年前に植えた球根が育って開花したのだと思います。
リコリスだと思いますが、間違っていたら、どなたか教えて下さいね。

ナツズイセンと雰囲気が違いますが、色も花形も可愛いですね。

ヒガンバナの園芸種を総して”リコリス”と呼んでいるそうで、数種の品種があり、ナツズイセンも、ヒガンバナ、ショウキラン(リコリス・オーレア)なども、リコリスですね。





            ー  リコリス  ー
ヒガンバナヒガンバナリコリス)属、原産地中国、日本、球根植物、学名Lycoris)

P1780090s5.jpg
 このピンク色が、可愛いです~  バックのグリーンによく映えて、すごく目立っています。


P1780094s5.jpg



P1780092s5.jpg
      英名は、「Spider lily」、「「Hurricane Lily」です。


P1780088s5.jpg
       葉がなくて、黒い茎に5つのお花をつけています。


昨年の我が家のナツズイセンは、スリムな感じですが、今年のリコリスは、丸顔で可愛いです。来年も会えるといいなあ~




         今日も見てくださり有難うございました。





tag : リコリス ヒガンバナ

爽やかな紫色、青色ふじばかま



10年以上前に、小さな苗の青色フジバカマを植えたら、凄く増えて、庭のあちこちに咲いています。
ドクダミの様に地下茎で殖えています。 青色といっていますが、薄紫色でとても可愛いです。
連日の猛暑のなか、この色のお花をみるとほっとします。

ユーパトリウムという名前で流通しています。



              ― 青色フジバカマ  ―
(キク科コノクリニウム属、原産地アメリカ中部、多年草、学名Conocliniumu Coelestinum)

P1770985s5.jpg
       アップでみると、糸状のお花は、個性的です。

P1770984s5.jpg



P1770948s5.jpg
全体的にみると、地味ですが、まとまって咲いていると、涼し気です。


P1770955s5.jpg
小さな蕾が丸くて可愛いです。  葉はミントに似ていますが、香りはしません。


P1780025s5.jpg




          今日も見てくださり有難うございました。





tag : 青色フジバカマ ユーパトリウム

涼しげな小さな花



連日の猛暑にも負けず、カラミンサハゼランが庭のあちこちで咲いています。

何も手をかけていないのに、毎年小さなお花を見せてくれて、可愛いお花にほっと一息つけます。 


           
            ー  カラミンサ ー
  (シソ科トウバナ属、原産地南ヨーロッパ、地中海、多年草、学名Calaminntha)

   P1770397s5.jpg
ハーブの一種なので、香りがとっても良いです。 葉に触れると、ミントの香りがすがすがしいです。



   p1760668s5.jpg
  
   P1770640s5.jpg
        淡い紫色のお花は、涼しげな感じがします。



P1770407s5.jpg
 ジキタリスに似ている気がします。  こんな模様も可愛いです。 






             ー ハゼラン爆蘭) ー
(すべりひゆ科ハゼラン属、原産地熱帯アメリカ、多年草、学名Talinum crassifolium)

     P1770608s5.jpg
道端でよく見かけますね。 繁殖力がすごくて、庭に沢山咲いています。 
午後3時頃に咲きだすので、三時草(さんじそう)とか、花火のように見えるので、花火草(はなびくさ)という別名があります。
本当に、線香花火が、最後にパチパチと火花を散らしているように見えますね。 この艶やかな蕾の赤い色と小花のピンク色が、目をひきます。




P1770615s5.jpg
この可愛いお花が次々と真っ赤に膨らんだ蕾から、爆ぜるように開花する様子から、「爆蘭」と名前がついたそうです。 こんな可愛いお花から想像がつかない名前ですね。 蘭とついていますが、蘭ではないそうです。 私のカメラでは、ここまでが限度ですが、1cmにも満たないピンクの花弁に黄色のシベが、とっても可愛いです。



          今日も見てくださり有難うございました。




tag : カラミンサ ハーブ ハゼラン 爆蘭 三時草 花火草

ベルガモットの花



昨年の春、家族旅行で訪れた千葉県大多喜町のハーブ園で持ち帰ったハーブベルガモットが、夏と冬を超えて咲きました。

でもちょっと、不思議なことが・・・・、確か淡い紫色のお花だったと思うのですが、咲いたお花は、濃いピンク色! 
少しショックです~  濃いピンク色のベルガモットなら、こちらでも手に入るし、朱色のは庭にあるので、興味がなくて、薄紫色だけのを買ってきました。 実際に咲いているのを見て綺麗なので一目で好きになりました。

ただ、購入時にお花が咲いている苗ではなかったので、間違ったのかもしれないし、確かめないのが、いけなかったと反省しています。
でも、我が家にはない色ですし、元気に咲いてくれたので、大歓迎です~
来年もお花が見られるようにがんばって管理します。



            ― ベルガモット ー
(シソ科ヤグルマハッカ属、原産地北アメリカ 多年草、学名Monarda didyma)

P1770499s5.jpg
これ、何か笑ってしまうお花の形だと思いませんか? 
とってもユニークでじっと見てしまいました。 透明感のある蕾からは、想像もつかないです。 毛糸のような触角見たいのが現れて、動いているようで、目もあるようで、宇宙人のようです。



P1770639s5.jpg

P1770500s5.jpg
その触角のようなところから、またピンク色のお花(?)が現れ、その先にもアンテナのような白の小さなお花(?)が、現れました。このお花は、どんな構造になっているのでしょうか? 



P1770503s5.jpg
葉が柑橘系の香りがして、爽やかな気持ちになります。 ハーブですので、胃の不調を整えたり、消化を促進する効果があるそうで、ベルガモットティーなどが良いそうです。  アメリカの先住民が好んで使用していたそうです。
私は、ハーブは鑑賞するだけで、お料理にはあまり使わないです。


P1770626s5.jpg
ベルガモットは、ミツバチの大好物なので、蜜を集めに、ひっきりなしに来るので、「ビーバーム(bee balm」と呼ばれています。


P1770527s5.jpg
うどんこ病になりやすいハーブだそうで、しっかりとかかっています。 モナルダという呼び方もあり、和名は、タイマツバナ松明花)で、夏に炎のような花を咲かせるからだそうです。 



P1770379s5.jpg

P1770378s5.jpg

P1770355s5.jpg
蕾です。  小さなお花が集まっているようで、透きとおっているように見えて美しいです。
ここから、もじゃもじゃと触角のようなものが出てくるとは、植物って、不思議で面白いですね。



IMG_0219s5.jpg
ハーブ園で咲いていた薄紫色のベルガモットです。 写真がぼけていますが手前のお花です。 このお花を期待していたのに残念でした。



           今日も見てくださり有難うございました。




tag : ハーブ ベルガモット モナルダ タイマツバナ 松明花

可愛いコロロ



コロロ・フランボワーズが可愛いです。
今年3月に、購入してから、ずっと咲き続けています。


                   ー コロロ  ―
          (キク科ムギワラギク属、学名Helichrysum)

    P1760719s5.jpg





P1760720s5.jpg





IMG_4184s5.jpg


IMG_4186s5.jpg
カサカサしている質感のお花は、そのままドライフラワーになりそうです。  開花寸前のお花は、まるで麦藁帽子のよう~ 



             P1760143s4.jpg




P1760599s5.jpg


P1760391s5.jpg


P1760321s5.jpg
昔の、貝殻草といったほうがぴったりきます。 暑さには弱く、半日陰に置くと良いそうです。 夏越しが難しそうです。


       P1760389s5.jpg


                P1760144s3.jpg
                     蕾も可愛い~


       P1770645s5.jpg
           ガラス瓶に入れ、そのままドライにするつもりです。  



             今日も見てくださり有難うございました。






続きを読む

tag : コロロ・フランボワーズ 貝殻草

ドクダミの花


先日、娘から「ドクダミのお花が可愛いから、一株欲しい」 と言われて、驚きました。
「え~、どうぞどうぞ~、全部持って行ってちょうだい」と私。

我が家は、今、ドクダミが、栽培しているのではないかと言うほど、沢山咲いています。
植えた覚えがないのに、我が家では、一番丈夫で、嫌われ者あつかいですが、お花も個性的で、独特の臭気がある葉もハート型で、とても可愛いです。 

邪魔者扱いしていましたが、薬草として日本では民間療法に使われていて、とても優秀なんですね。
そういえば、ジュウヤクと言う別名があって、ドクダミ茶として、以前は飲んでいました。日本のハーブティーですよね。
お気に入りの器に一輪かざったりすると、とても素敵になります。

この頃、八重咲きや、葉が綺麗なドクダミが園芸店に置いてありますね。


            ―  ドクダミ ―
ドクダミ科ドクダミ属、原産地は東アジア、多年草、学名Houttuynia cordata)

P1760661s5.jpg
ヒメコブシの根元に沢山咲いています。地下茎で、どんどん殖えてます。        


        P1760660s4.jpg
白いお花は、清楚です~   この可愛らしい4枚の花弁は、お花ではなくて、苞(ほう)という器官です。 中心の棒状の黄色い部分は、小さなお花が集まって一つの大きな花のように見える形を作っているそうです。 なので、これが、お花なのですね。 集合体を作っている小さなお花には、ガクも花弁もなくて、めしべとおしべのみだそうです。 植物って、面白いなあ~と思う瞬間です。     




P1770431s5.jpg
強い香りを生かして、ラベンダー、ローズマリーを加えて、小さなスワッグを作りました。  良い香りがしますが、このままドライになっても、香りは続き、消臭剤になります。      





P1760749s5.jpg
キンシバイが満開の頃、黄色のお花が可愛いので、白い器にアレンジしました。  ドクダミを贅沢に使いました。

今のこの季節しかできない、庭の花遊びが、楽しいです。     

 


        今日も見てくださり有難うございました。






tag : ドクダミ

ルビーのような赤い実



春に満開になった庭梅に沢山の実がなりました。
赤い実が一面になって、とても可愛いです。

一粒口に入れたら、とっても酸っぱくて食べられません。見た目は、美味しそうですが。
ブルーベリーとブラックベリーが、これから採れるので、これは、鑑賞するだけにします。 



P1770069s5.jpg
             こんなに沢山なりました。  


P1770070s5.jpg
  

P1770075s5.jpg
  

P1760942s5.jpg
  

P1760943s5.jpg
             宝石のような赤い色が綺麗です~   


P1770073s5.jpg
  






P1730680s5.jpg
           今年の春の満開の庭梅、綺麗でした。  
  


 P1730691s3.jpg P1740412s3.jpg
             シベの長さに、驚きます。      




          今日も見てくださり有難うございました。





          

tag : 庭梅

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]