アリウム・ギガンチウム

今日、2回目の更新です。 アリウム・ギガンチウムです。  グローブマスターとの違いがわかってもらえたら嬉しいです。


           ー  アリウム・ギガンチウム  -
(ユリ科 ネギ、アリウム属、北半球が原産地の耐寒性球根植物)


P1400931s6.jpg
(5/29) 1番綺麗なとき。              


P1400930s5.jpg
今年は、球根が小さかったので、お花も小さめでした。 でも、15cm以上はあると思います。  小さくても、咲いてくれたので充分です。

              
DSC00098s5.jpg
(6/4) ギガンチウムの小花は、花弁が丸いです。               



      s-P1410360.jpg
       (6/15) 今まで,ご苦労様~       


P1400350s5.jpg
(5/20) 小花の蕾がぎゅっと詰まった蕾。 グローブマスターの蕾はとがっているけど、こちらは、蕾からまん丸です。                 



P1400520s5.jpg
(5/22) 紫色に色づき、こぼれそう。
              

P1400692s5.jpg
(5/25)  小花が開き始めてきた。
             
P1400773s5.jpg
(5/26) まだ不揃いですが、咲きすすみながら丸くなっていきます。 
             

P1400929s5.jpg
               ほぼ完成ですね。               

昨年のアリウム・グローブマスターとギガンチウムは、→こちらをご覧ください。
 
           今日も見てくださり有難うございました。




tag : アリウム アリウム・ギガンチウム アリウム・グローブマスター

アリウム・グローブマスター

今日は、くもりのはずが、また、暑くてたまりません。 庭は、たまに降る雨のおかげで雑草の成長が止まりません。  5月の庭を楽しくしてくれた、ユニークなアリウム、もう終わりましたが、個性的なお花なので、見てくださいね。 アリウム属の植物は、700種類近くあるそうです。 我が家は、今年は、グローブマスターギガンチウムです。 どちらも、まんまるい葱坊主のようなお花が、可愛いです。 今年の球根は、2013年の球根を掘り起こしたものなので、なおさら嬉しいです。


            ー  アリウム・グローブマスター  -
  (ユリ科 ネギ、アリウム属、北半球が原産地の耐寒性球根植物)


s-P1400465.jpg
小さなお花が、約1000から2000個あつまって、一つの球形を作り上げています。 見事な丸~  (5/22)

s-P1400358.jpg
              あわてんぼうな子~  

s5-P1400361.jpg
アリウム・グローブマスターの小さな花弁は、先がとがっています。 ギガンチウムは、丸くて、違いがあります。


s-P1400356.jpg


      s-P1400101.jpg
           つぼみが開き始めた (5/9)

s-P1400002.jpg


      s-P1390957.jpg
       蕾の中の小さなお花の蕾もとがっています。  (5/11)


      s-P1400195.jpg



s-P1400277.jpg



      s-P1410052.jpg
6月5日の写真ですが、まだこの状態で咲いています。  お疲れさまでした~  また、来年も会えるといいなあ~ 

昨年のアリウム・グローブマスターとギガンチウムは、→こちらをご覧ください。

         今日も見てくださり有難うございました。





tag : アリウム・グローブマスター アリウム・ギガンチウム

アリウム・グローブマスター

        アリウム・グローブマスターが咲きました。 

DSC09603_20130521005353.jpg
                    
              手毬のようです。


          続きをご覧ください。


続きを読む

tag : アリウム・グローブマスター アリウム・ギガンチウム

アリウム・グローブマスター

今の時季は、お花が次からつぎと咲き、庭にいる時間が長くなりますね。ずっと楽しみにしていたアリウム・ギガンチウム グローブマスター が咲きました。昨年は1つも咲かなかったのですごく嬉しいです、 



   ―  アリウム・ギガンチウム グローブマスター  ― 
    (ユリ科ネギ属、原産地は北半球、球根植物)


s-P1140434.jpg
見事な球形、今年は直径15cm位です。 以前は20cm位の大きなボールのような形になりました。

    s-P1140405.jpg
葱坊主のようですね。ニラ、ラッキョウ、ネギと同じ仲間です。 

s-DSC09955_20120531153032.jpg
下からちょっと失礼~  5~6mm位の小さなお花がぎっしりと詰まってます。

s-DSC09954_20120531153031.jpg
名前の由来はラテン語からきています。 アリウムは、「ニンニク」、 ギガンチウムは、「巨大な」という意味です。でもニンニクやネギの匂いはしないです。

s-DSC09961_20120531153030.jpg
この小さな1つのお花が、1000から2000個ともいわれて、この丸い形を作っています。

アリウム・ギガンチウム グローブマスターの成長過程を続きからご覧ください。 

続きを読む

tag : アリウム・グローブマスター

アリウム・パープルセンセーション と オーニソガラム

お天気だったり、雨が続いたりと、庭の植物達も戸惑っていることでしょう。今年は、数年、咲かなかったお花が見られたり、逆に、この時期にいつも咲くのに、葉だけとか、不思議な感じです。 
            
今日は、今、庭ですごく目立っている、アリウム・パープルセンセーションオーニソガラムを見てください。
毎年、アリウム・ギガンチウムがこの時期に咲くのですが、蕾が一つもつかないで、もう葉は黄変してきていますので、絶望的です。 毎年、新しい球根を購入します。今回もずっしりと重い大きな球根を5個植えました。 
 チューリップと咲く時期を合わせたつもりでしたが、がっかりです。  なぜかしら?と疑問が残ります。
 その代わりに、初めてのパープルセンセーションが、咲いてくれたので、少しは気持ちが上向きになりました。   ギガンチウムより、少し小さいのですが、なかなかの貫禄があります。


オーニソガラムは、150種類以上あるそうです。  アラビカムは、3年ぶりにお花が見られました。 消滅したと思っていたので、嬉しいですね。



      ― アリウム・パープルセンセーション ―            
        (ユリ科ネギ属、原産地東ヨーロッパ)

         s-P1090193.jpg s-P1090196.jpg
      直径約20cmもある球形のお花が、庭で目立っています。  

    s-P1090326.jpg s-P1090376.jpg s-P1090367.jpg
同時期に、植えたのに開花がずれました。 右のが、やっと追いついたら、もう左側のは、終わってしまいました。 並んで咲いていたら、可愛かったでしょうね~


          s-DSC00265_20110522211721.jpg  s-DSC00294.jpg
こんな小さいお花が集まって、まーるいボールの様なお花になるんですね。 

          s-P1080917.jpg  s-P1090198.jpg
小さな蕾がぎっしりと詰まって、今にもこぼれそうです。 こんな姿が、可愛いなと思います。            

             ギガンチウムこちらです


           ― オーニソガラム ―               
       (ユリ科オーニソガラム属、原産地南アフリカ)

      s-P1090463.jpg s-P1090318.jpg

      s-P1090382.jpg s-P1090500.jpg s-P1090487.jpg
オーニソガラムは、色々な種類があります。これは、アラビカム、 雌しべが黒いので、「クロホシオオアマナ」という和名があり、純白の花弁と黒の雌しべのコントラストが好きです~ 
                                                   
s-P1090506.jpg
これは、マグナム
花茎にぎゅっとついている蕾が、下から咲き始めます。最初のお花が咲き、これから咲き上がっていきます。 オーニソガラムは、アレンジの時の花材として、よく登場します。白いお花が清楚です。



tag : アリウム・ギガンチウム アリウム・パープルセンセーション オーニソガラム・アラビカム オーニソガラム・マグナム

アリウム・ギガンチウム

こちらも梅雨いりしましたが、今日は、暑いくらいにいいお天気です。  雨のしっとりした庭も好きですが、やはり、お日様きらきらは気持ちがいいですね。 そして、今、我が家の庭には、ユーモラスなアリウム・ギガンチウムが満開です。 面白い形は庭のアクセントにもなって、今年もまんまるくなった~、 なんて見ていても楽しいです。




           ― アリウム・ギガンチウム ―
 (ユリ科アリウム属、ねぎ属、原産地は中央アジア、北半球、球根植物)

     s-P1020374.jpg s-P1020596.jpg s-P1020644.jpg
昨年より、遅い開花です。 左は5月25日のギガンチウム、本当にネギ坊主のようで、少しづつ色づいてきています。 ほら、 今はこんなに丸くなりボールのようです。



            DSC09080gcmS.jpg   DSC09095gcmS.jpg
完璧な球形、約20cmぐらいです。紫色の小さなお花が集まって、ボールの様な形を作るんですね。下まで、びっしりと小花が咲いています。凄いなあ~、えらいなあ~

 

     DSC09079gcmS.jpg s-P1020626.jpg s-P1020635.jpg
可愛いので、何枚も写真を撮りました。 およそ2000個の小さなお花が集まっているそうです。 




s-DSC09051.jpg s-P1020517.jpg s-P1020518.jpg DSC09090gcmS.jpg
蕾の中の小花の蕾、こぼれそうなくらいです。 少しづつ丸くなっていくんですね~  丸くなっていく様子が、面白くて可愛いです。




              s-P1020512.jpg
 この姿も何かユーモラス、ぼけていますが、可愛いのでアップしました。 


 「2008年のアリウム・ギガンチウムの記事は こちらから
 「2009年のアリウム・ギガンチウムの記事は」  こちらから

tag : アリウム・ギガンチウム

アリウム・ギガンチウム

 ボールの様なアリウム・ギガンチウムが咲きました。 これが、咲いていると、初めて我が家に来た人はびっくりします。今回は、白色も植えましたので、賑やかな雰囲気になりました。

       ―  アリウム・ギガンチウム  ― 

IMG_0826armgS.jpg CIMG1359argS.jpg  IMG_1153argS.jpg CIMG1595argS.jpg
(ユリ科アリウム属、ネギ属、原産地は北半球、球根植物)
     
”アリウム” は古いラテン名で ”ニンニク”といういみがあるそうです。 ネギ、たまねぎ、ニンニク、ラッキョウは同属です。 別名は”ハナネギ” ですが、ネギの臭いは全くしないです。 丈は120~130cm位あり、丸いお花の周囲は20cm以上あります。元気に咲いているアリウム・ギガンチウム,続きからどうぞ見てくださいね。

続きを読む

tag : アリウム・ギガンチウム

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]