今日は半夏生(はんげしょう)

今日から7月、早いものでもう半年が過ぎてしまいました。
この年になると、恐ろしく時間が経つのが早く感じて、毎日あせって暮らしている自分がいて可笑しくなります。

そして、今日は、半夏生の日です。 
半夏生の日は、毎年、夏至から数えて11日目の7月2日が、だいたいその日にあたるそうですが、今年は、7月1日だそうです。
詳しいことは、ウィキペディアでご覧くださいね。

この半夏生の頃に咲く植物が、同じ名前の ”半夏生”です。 半化粧ともいいます。 
我が家にも、梅雨が始まるころにあちこちに咲きはじめ、お花より、白い葉がとても綺麗で目立ちます。 
このお花を見るたびに、私は、自然の中の植物の不思議さをいつも感じます。 




      ―  半夏生(はんげしょう )  ―
(ドクダミ科ハンゲショウ属、原産地アジア、北アメリカ、耐寒性多年草 学名 Saururus chinensis)


   P1620214s5.jpg
この白さが驚くほど美しいです。 庭の緑の中で、はっとするほど目立ち、夕方に咲く姿はとても風情があります。


   P1620161s5.jpg
私は、”半化粧”という表し方が好きです。 全部白くならないこの状態の葉を見るたびに、”半化粧”という名前がぴったりだなと思います。 花魁や舞妓さんのお化粧の途中を思い浮かべます。 おしろいをぬり、華やかに変身していく様を想像してしまいます。


P1620093s5.jpg
別名を、   ”カタシロクサ(片白草)”  といい、葉の正面だけが白くて裏側は白くないところから、片面だけ白いというところからきています。 美しい白い葉は、上の数枚だけが白くなり、下の葉は緑のままです。 お花は、必ず白い葉の付け根に咲きます。 


   P1620508s5.jpg
白のお花は、穂状に咲き可愛いです。  絶滅危惧種に指定されていて、岩手県ではすでに絶滅しているそうです。       




    P1620644s5.jpg
        お気に入りの花器に活けました。


       昨年の記事もご覧ください⇒こちら



       今日も見てくださり有難うございました。



tag : 半化粧 ハンゲショウ

半夏生 (はんげしょう) の白い葉

梅雨時に咲く半夏生の白い葉が、美しいです。 はんげしょう と読みます。 

その年の夏至の日から数えて11日目に当たる日が、半夏生といわれます。その日から5日間のことです。 今年は、7月2日です。 このじめじめしたころに咲くお花が半夏生はんげしょうです。 白い葉が綺麗で不思議な感じがします。 
今、水辺の環境などで、絶滅危惧種になっています。 岩手県では、すでに絶滅しているそうです。 我が家には、少しあるので、
大切にしなければと思います。 でも,ドクダミ科なので丈夫で地下茎で殖えていきます。
       
                        
 詳しくは、2013年の記事をご覧ください。→こちら




       ―  半夏生はんげしょう )  ―
(ドクダミ科ハンゲショウ属、原産地アジア、北アメリカ、耐寒性多年草 学名 Saururus chinensis)

P1540705s5.jpg
       日陰にひっそりと咲いています。

                     

    P1540706s5.jpg
      地味ですが、お花は、穂状に咲きます。


P1540093s5.jpg
別名は、 ”半化粧 。 私は、この表現が好きです。 おしろいを一刷毛ぬった様な感じがして、何か趣があるなあと思います。 この葉は、これ以上白くは、なりませんでした。 


   P1540090s5.jpg
上の部分の葉だけが、白くなります。 下の方の葉がたくさんあっても白くはならないんですよね。これが不思議です。 


P1540452s5.jpg
やっとここまで白くなり、グリーンと白のコントラストが美しいです。 夕方の暗いなかで、この白さが浮き出て見え、はっとする時があります。


P1530990s5.jpg
こんなに真っ白になるのに、裏側は白くならないので、片面だけ白く変化するということで、 ”カタシロクサ(片白草)”と 言われます。


P1530884s5.jpg
   まだ生まれたてのこんな小さな葉でも白さが進んでいます。

 

     今日も見てくださり有難うございました。







tag : 半夏生 はんげしょう 半化粧

今日は、ハンゲショウ(半夏生)

お昼のニュースで、今日は、半夏生ハンゲショウの日だと言っていました。 夏至から数えて11日目頃を半夏生といい、 ちょうど7月2日から5日間のころだそうです。
この時期に咲く名前も同じのお花があります。  我が家でも咲いていますので見てください。 とても不思議なところがあり、興味深いです。


昨年の記事に詳しく書いてありますので、どうぞ→こちらからご覧ください。

          ー 半夏生 (ハンゲショウ) ―
(ドクダミ科ハンゲショウ属、原産地は日本、中国の多年草)


P1410681s5.jpg
葉が白くなるのは、片面(表側)だけなので、 カタシロ草(片白草)という別名があります。 楚々として綺麗です。 


P1410688s5.jpg
まるで、おしろいを半分塗ったように白いので、半化粧といういい方もしています。 私はこの呼び方が、雰囲気があって好きです~ 

   P1410433s5.jpg
日陰にひっそりと咲きます。 茎の先端の数枚の葉だけが白くなり、その下の葉は白くならないことが不思議だなと思います。


   P1410435s5.jpg
   白くなる葉は、必ずお花に向き合っています。 


   P1410362s5.jpg
県によっては、絶滅危惧種とされていて、、岩手県では、すでに絶滅しているそうです。 我が家では、絶やさないようにしなければと、強く思います。


   DSC00235s5.jpg
お化粧の途中です。  徐々に白くなっていきます。

DSC00233s5.jpg
穂状に咲くお花は、地味ですが 好きです。 


       今日も見てくださり有難うございました。


tag : ハンゲショウ 半夏生 半化粧

ハンゲショウ

私が、いつも不思議だなあと思っている植物の一つに、ハンゲショウがあります。
葉が部分的に白くなる面白いお花で、梅雨のじめじめした時期に咲きます。 

ハンゲショウは、半夏生 と書きます。 暦の上では、夏至から11日目を半夏生といい、この半夏生のころに、お花が咲き、葉が白くなるので、半夏生ハンゲショウ と呼ばれています。
 
ハンゲショウについてもっと: 

半夏生は、夏至から11日目頃で、太陽暦では、7月2日から5日間のころ。 このころに、半夏(ハンゲ)・烏柄杓(カラスビシャク)という毒草が生える多湿で不順な頃とされている。農家の人達は、この日までに田植えを済ませ、どんな気候不順な年でも、この後は田植えをしないという習慣がありました。 地方によっては、ハンゲという妖怪が徘徊するという言い伝えがあり、この時期に農作業をしないようにという戒めになっているようです。  (日本の行事・暦、二十四節気・雑節 より)





            ー ハンゲショウ -
(ドクダミ科ハンゲショウ属、原産地は日本、中国、多年草)


s-P1250332.jpg
おしろいを半分塗ったようにみえるので、半化粧とも言われ、私は、この呼び方が好きです。 まるで、花魁や舞妓さんのお化粧の途中という感じがします。 ハケでおしろいを、さあ~と塗ったように見えませんか?

s-P1250560.jpg
茎の先端の数枚の葉が、1部分だけ白くなり、下の方の沢山ある葉には色の変化はありません。白くなる葉は、必ず花に向かい合っています。

s-P1250557.jpg
本当に綺麗な白なので、夕闇に浮き上がって見える姿にはっとします。 白くなるのは、葉の表側だけ、片面だけということで、別名カタシログサ(片白草)といいます。 

          s-P1250687.jpg
お花は、穂状に咲き、小さなお花が集まっています。

s-P1250866.jpg
日陰や半日陰の所によく咲き、緑色の葉に白色がとても綺麗です~

s-P1250695.jpg s-P1250189.jpg

s-P1250336.jpg s-P1250190.jpg
あまり、目立たなくて、地味なお花ですが、県によっては、絶滅危惧種となっているようで、岩手県では、すでに絶滅しているそうです。生育に適した水辺の環境が年々、減少しているからだそうで、残念ですね。大切にしなければと思います。

         今日も見てくださり有難うございました。


tag : ハンゲショウ 半夏生 半化粧

今日の庭から

                   ― はんげしょう ―
(ドクダミ科ハンゲショウ属、原産地アジア、北アメリカ、耐寒性多年草)

    
     s-P1100186.jpg s-P1100213.jpg s-P1100195.jpg

         s-P1100189.jpg s-P1100254.jpg s-P1100188.jpg
          梅雨の時期に、日陰にひっそりと咲きます。
         この真っ白い葉にいつも気をとられてしまいます。
              穂状に咲くお花は地味ですが、
         白い絵の具を刷毛でさーっとこすったような葉が、
                不思議な感じがして好きです。
   上部につく葉だけが、白く変色する特徴があるのも興味深いです。
   葉の変色がみどころの、はんげしょうは、半夏生、半化粧とも書き、
              カタシログサとも言われています。
             地下茎で増えていき、とても丈夫です。

                       
              他にも今、こんなお花が咲いています。

        
                  ― クロコスミア ―
   (アヤメ科クロコスミア属、原産地南アフリカ、耐寒性宿根草)
      
    s-P1100230.jpg
まさしく南アフリカ原産のお花って感じですね。
はっきりとした朱色が日に当たってまぶしいくらいです。 
とても、丈夫でどんどん増えていき、最近は少しずつ抜いています。モントブレチア、ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)とも、呼んでいますね。


                  ― ランタナ ―
   (クマツヅラ科ランタナ属、原産地中南米、常緑小低木)


s-P1100203.jpgお花の色が次々と変わっていくのを見るのが楽しいランタナです。金平糖のような蕾はピンク色ですが、開花すると黄色やピンク色、白、そして、オレンジ色のお花も咲くので、面白くて大好きです~ 色の変化から、”七変化” とも言われています。花後の実もとても可愛いですよ。     

       
                ― ミリオンベル ―
              (ナス科カリブラコア属) 


s-P1100144.jpg
サントリーで初めてカリブラコアを品種改良した、ミリオンベル、一株でこんもりと咲きとても可愛いです。色も豊富で、小さいお花が可愛くて、夏には欠かせません。





tag : クロコスミア モントブレチア ヒメオウギズイセン ミリオンベル はんげしょう ランタナ

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]