FC2ブログ

ゆりの季節 2019 ⑧ 白カノコユリ


我が家の今年最後の白のカノコユリが咲きました。

既に2つ咲いていたのに気が付かず残念でした。 ということは、今年は3本の花茎が出たということです。昨年までは、5つお花がみられたのですが、少なくなってしまいました。 今年で6年目になるので仕方がないですね。
そういえば、カサブランカもオニユリも、とうとう咲きませんでした。 秋には、新しい球根を植えましょう。

今年も、我が家のゆりを見ていただき有難うございました。


    P1840893s5.jpg
             庭梅に隠れて咲いています。


P1840891s5.jpg
     今年は、開花が少し早くて、お盆の15日に間に合いません。   


P1840926s5.jpg
           白のゆりって清楚で綺麗ですね。


P1840885s5.jpg



P1840890s5.jpg
    ゆりは、お花もそうですが、しべの美しさも魅力があります。



         今日も見てくださり有難うございました。




tag : ゆり カノコユリ

ゆりの季節 2019 ⑦  カノコユリ


我が家のピンクのカノコユリが、見事に咲きました。

今年で9年目になりますが、今まででこんなに沢山咲いたのは初めてで驚いています。

江戸時代にシーボルトがカノコユリの球根をヨーロッパに持ち出し初めてヨーロッパで知られるようになった日本のゆりとされる。(ウイキペディアより)

カノコユリもヤマユリと同様に、品種改良に貢献したゆりです。 カサブランカに代表される大輪が美しいオリエンタル・ハイブリッド(OH)などが、交配種です。

学名のスペキオスムは、「美しい」という意味があり、本当にそう思います。



         ―  カノコユリ (鹿の子百合)  ―
(ユリ科ユリ属、原産地は日本、中国、台湾、 球根植物、学名 Lilium speciosum)


P1840746s5.jpg
2m以上も伸びて、支柱をたてるのが大変~  この場所は、藤棚の下、ここに移植して5年になりますが、きっと居心地が良いのでしょう。


IMG_9043s5.jpg
フェンスの方にも顔をだして、歩いている人に「わあ~綺麗」と、褒められています。


IMG_9045s5.jpg
               見事な咲きっぷり!


P1840747s5.jpg


P1840758s5.jpg
土用百合(どようゆり)とか七夕百合(たなばたゆり)という別名があります。


P1840753s5.jpg
カノコユリという名前は、紅い斑点が鹿の子模様に似ているからだそうです。 花弁の中心のところにポツポツとした突起があり、けっこう手ごたえがあります。


      P1840705s5.jpg
                美しいフォルム~


P1840760s5.jpg
         おしべは6本、花粉が豊富、服に付いたら大変!


     P1840761s5.jpg
         蕾が開き始め、花弁1枚反り返りました。


P1840764s5.jpg
           こんな綺麗な花姿になりました。


        今日も見てくださり有難うございました。





tag : カノコユリ ゆり 土用百合 七夕百合

ゆりの季節 2019 ⑥ やまゆり


ゆりの季節はまだ続きます。

オリエンタル・ハイブリッドの次は、大好きなやまゆりの出番です。

日本には10種類以上のゆりが自生していますが、その中でもやまゆりは、日本を原産とするゆりの一種です。
やまゆりといえばカサブランカの交配の親として知られています。その他にも沢山の園芸品種を生み出すために使われてきたので、とても重要なゆりなんです。日本原産のゆりがもとになって色々な品種のゆりが生まれ、ヨーロッパにゆりのブームが起きました。  日本のゆりの血が流れていると思うと、とても誇らしく思います。

我が家にも2株ですが咲き、甘い香りをふりまいています。


P1840523s5.jpg
     今年で3年目です。 一株に3つのお花が咲き華やかです。


P1840493s5.jpg
     横顔も美しく、外側に反り返る花弁がやまゆりらしいです。



     P1840492s5.jpg
              品種改良に貢献して、偉いね!
   

P1840491s5.jpg
           離れたところでも良い香りがします。




IMG_8964s5.jpg





P1840487s5.jpg
大輪のお花は直径25cm以上もあり、白い花弁の中央から黄色の筋がはいり、赤茶色の斑点もあり、とても豪華です。



     IMG_8963s5.jpg
      さすが、「ゆりの女王」と言われているのがわかります。




         今日も見てくださり有難うございました。



tag : ゆり やまゆり オリエンタルリリー

ゆりの季節 2019 ⑤ オリエンタルユリ


スカシユリが終わると、オリエンタル系のゆりオリエンタルリリー)が咲きます。 

オリエンタルリリーは、日本原産のゆりで、やまゆり、カノコユリなどがあります。
ゆりは、系統がいくつかあり交配によって様々な品種ができ、呼び方もいろいろで、区別がつかず混乱してしまいます。
この日本のゆりをもとにヨーロッパで色々と交配されたゆりが、オリエンタル・ハイブリッド(OH)と呼ばれる種類です。
花姿がエレガントで、よく知られているのがカサブランカですね。 お花が大きくて、花弁が外側に反り返って、甘い香りがするのが特徴です。 
他に「オリエンタル・ハイブリッド」と、「トランペット・ハイブリッド」の交配種は、オリエンペット・ハイブリッド(OT)と呼ばれています。
今年もカサブランカが咲かず、OTのゆりが元気に咲きました。


     P1840348s5.jpg
              イエローウインニンフです。




イエローウイン (OT)
     P1840265s5.jpg

     P1840286s5.jpg
フェンスを越えるほど背が高くなりました。 2006年か2007年に植えて、あまり世話もせずにここまで大きくなり丈夫ですね。


P1840284s5.jpg
模様もなくて シンプルな黄色の花弁は、さっぱりした感じが魅力的です。 スカシユリにそっくりです。


P1840238s5.jpg
       長いめしべにそれを取り囲むおしべが個性的です

P1840237s5.jpg

P1840228s5.jpg
夢中で蜜をすっているアゲハチョウ、近づいても逃げません~ 美味しいんですね。 おかげさまで久しぶりに蝶の写真が撮れました。




ニンフ(OT) 
     P1840300s5.jpg
  乳白色の花弁が、ニンフのようです。 たった一つのお花でも、甘い香りに引き込まれます。 そして、色っぽい~


IMG_8955s5.jpg


P1840308s5.jpg


P1840452s5.jpg
今年で7年目になりますが、昨年より花数が多いのには驚きました。 特別なことはしていないのに綺麗に咲いてくれて有難いです。この場所があっているのかもしれません。


P1840294s5.jpg
   20cm以上もあるお花は、薄紅がさしたように美しくそして華やかです。



パッショネール (OT)
    P1840121s5.jpg
今年で12年目のパッショネールです。 毎年数えていたわけでもないのですが、気が付いたらこんなに長く我が家に咲いてくれます。でも今年は、花数がすごく少ないです。 疲れてしまってやっと咲いたのかしら? そう思うと、何て健気で愛おしくなります。


P1840059s5.jpg


     IMG_8935s5.jpg
パッショネールという名前のように、白の花弁にえんじ色が花の中心からはいり、情熱的な雰囲気があり魅力的です。 来年も会えます様に!



         今日も見てくださり有難うございました。




tag : ゆり オリエンタルリリー イエローウイン ニンフ パッショネール

ゆりの季節 2019 ④ スカシユリ


我が家の今年最後のスカシユリです。

まだ新しくて2年目の開花です。


白色

P1830854s5_20190704164512185.jpg



P1830853s5_20190704164510e13.jpg
            純白のゆりは楚々として綺麗ですね。



もう一つの白色

    P1830451s5.jpg
この白のゆりは、不思議で植えた覚えがないのです。 しかも ちょっと変わったお花です。


P1830239s5_20190704164442ecd.jpg
          花径も細く弱々しい雰囲気があります。

P1830193s5_20190704164438ee8.jpg
          花芯にも花弁があるので八重咲きのようです。


P1830195s5_2019070416444002f.jpg
        これもオシベにやくがありません。




濃い赤

    P1830359s5_20190704164357522.jpg
     2年目の新しいゆりです。 昨年はお花が大きかったですね。


P1830196s5_201907041643283b5.jpg


P1830431s5_20190704164359c8e.jpg
      濃いえんじ色のお花は、個性的でインパクトがあります。
   

P1830349s5_2019070416433402c.jpg
         日に当たり、花弁はベルベットのような質感があります。



           今日も見てくださり有難うございました。



tag : ゆり スカシユリ

ゆりの季節 2019 ③ スカシユリ


      今回も我が家の庭のスカシユリを見てくださいね。


黄色

     P1830617s5.jpg
黄色のこのゆりは、名前もわからないのですが、今年で11年目になります。 本当に丈夫でしっかりと咲きます。後ろの黄色のお花は、キンシバイでこの時期に咲くので、この場所は黄色一色になり明るくなります。


     P1830601s5.jpg


P1830603s5.jpg
         お花の数は少なくなってきました。

P1840055s5.jpg




ロリーポップ

    P1830571s5.jpg
名前も可愛いロリーポップ、ここに数年咲きます。 名前がわかるスカシユリはこのロリーポップだけですね。

P1830574s5.jpg
             ピンク色と白の花弁が可愛いです。


    P1830575s5.jpg
            やはり、お花が今年は少ないです。



          今日も見てくださり有難うございました。




tag : ゆり スカシユリ ロリーポップ

ゆりの季節 2019 ② スカシユリ


ゆりの種類は沢山あり、いくつかに系統だって分類され、また交配によりいろいろな品種ができるので、なかなか覚えらえません。

何年かゆりを育ててわかったことは、開花の時期だけは、確実にわかるようになりました。
我が家では、先ずスカシユリかタケシマユリが咲き、次はオリエンタルユリ、ヤマユリ、最後はカノコユリが順番に咲きます。

スカシユリはすでに終わり、今はオリエンタルユリが見ごろを迎えています。 昨日はヤマユリが開花しました。

もう、時期は過ぎましたがスカシユリが綺麗に咲きました。

スカシユリは、アジアティック・ハイブリッドといい、色が豊富で、特徴は、お花の形は盃状で、上向きにお花を咲かせます。ふっくらとした蕾も上に向かって真っすぐに元気についています。 なので、スカシユリだけは、区別がつきます。 いくつか植えておくと毎年咲き楽しめていいですね。

我が家は、名前のわからないのがほとんどですが、何年も同じ場所で咲いてくれるので丈夫だなあ~ なんて嬉しく思います。



             ―  スカシユリ  ―
     (ユリ科ユリ属、多年草 学名Lillium maculatum Thunb.)

杏色

P1830862s5.jpg
名前がないので杏色と呼んでいるこのゆりは、花弁が日に当たり透き通るようになりとても美しいです。 2013年に初めて開花し、今年も沢山咲きました。

     P1830728s5.jpg
          別の場所にも元気に咲きました。 


P1830651s5.jpg


P1830660s5.jpg
               美しい色に癒されます。



朱色

     P1830961s5.jpg
名前がわからないので、朱色とか、オレンジ色とかえんじ色とよんでいます。  毎年 色の呼び方が変わってしまいますが、同じゆりです。なんと今年で12年目の開花です。 さすが花数がだいぶ少なくなりましたが、まだまだ茎も太いので元気があります。 初めの年は、一つの花茎に25個のお花を咲かせびっくりしたことを思い出します。


     P1830804s5.jpg



P1830951s5.jpg
スカシユリの名前は、花弁の付け根あたりが細くて隙間が見えることから「透かし」ゆりの和名がついたそうです。


P1830810s5.jpg
お花の中心は明るくて、先端は暗いえんじ色の花弁は個性的で好きです。

P1830813s5.jpg





もう一つの朱色
P1830730s5.jpg
上の朱色とは種類が違いますが、このスカシユリも数年咲きます。 ことしは、たった一つのお花しか見られませんでした。 来年が心配です。

     P1830733s5.jpg
このゆりの特徴は、オシベにやくがまるっきりついていないのです。 やくとは、オシベの先端についている茶色や焦げ茶色の細長い花粉がでてくる袋状のものです。 不思議なゆりです。




          今日も見てくださり有難うございました。




tag : ゆり スカシユリ アジアティック・ハイブリッド やく

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]