ゆりの季節 2016 ⑦

猛暑の中、白のカノコユリが、綺麗に咲いています。
カラフルなお花が咲く夏の庭に、白のお花は、涼しげに感じます。

スカシユリ、OH(オリエンタルハイブリッド),オニユリ、そしてピンクのカノコユリが、順番に咲き、白のカノコユリが、我が家の最後のゆりです。  今まで、我が家のゆりを見てくださり、有難うございました。 最後の白のカノコユリを見てくださいね。


        ―  カノコユリ (鹿の子百合)  ―
(ユリ科ユリ属、原産地は日本、中国、台湾、 球根植物、学名 Lilium speciosum)  

    P1630254s5.jpg


P1630262s5.jpg
3年前に植えた一つの球根が、こんなに殖えて嬉しいです。





P1630323s5.jpg




P1630317s5.jpg




P1630278s5.jpg
          白いお花は、暑さを和らげてくれますね。



     P1630294s5.jpg




     P1630283s5.jpg
      今年最後のゆりなので、少し寂しい気がします。 



P1630206s5.jpg
くるんと反り返った花弁が可愛いですね。 この反り返った花弁と長いシベを見るたびに、どうしてこのような個性的な花姿が生まれるのだろうかと、いつも思います。 自然の力と植物の不思議を感じます。  



   P1630274s4.jpg
6本のオシベのの色は、我が家のは、こげ茶色ですが、オレンジ色のもあるそうです。



     P1630265s5s5.jpg
         白い花弁に、花粉がかかっています。



        今日も見てくださり有難うございました。



tag : ゆり カノコユリ

ゆりの季節 2016 ⑥

カノコユリが咲き始めました。

今年で6年めの球根、この場所に移植して2年、見事に咲いてくれて嬉しいです。
花弁が激しく反り返るのが特徴のカノコユリ、個性的で大好きです。

ヤマユリと同様に、カサブランカなどのOHのユリの品種改良のもとになっています。
江戸時代にシーボルトが、カノコユリの球根をヨーロッパに初めて持ち帰り、品種改良されて誕生したのが、人気のカサブランカです。 何か誇らしい気持ちです。

我が国の最大の自生地は、甑島(こしきじま)というところだそうです。東シナ海に浮かぶ鹿児島県、薩摩川内市に属する列島です。 群生しているカノコユリ、綺麗でしょうね~ 見てみたいです。




      ―  カノコユリ (鹿の子百合)  ―
(ユリ科ユリ属、原産地は日本、中国、台湾、 球根植物、学名 Lilium speciosum)  

P1620934s5.jpg
        

    P1620917s5.jpg
       分球したので、花数も多くて華やかです。 
 

P1620872s5.jpg
       甘い香りと美しい花姿にうっとりです。



P1620866s5.jpg
 ”カノコユリ という名前は、紅い斑点が鹿の子模様に似ているからだそうです。  土用百合(どようゆり七夕百合(たなばたゆりという別名があります。 




P1620840s5.jpg
そりかえる花弁が花籠に見えます。 これって芸術品ですよね。


P1620835s5.jpg
           シベも美しい~




      P1620905s4.jpg
     次は、白のカノコユリが、開花を待っています。 


      
      今日も見てくださり有難うございました。



tag : ゆり カノコユリ

ゆりの季節  2016 ⑤

            オニユリが咲きました。

今年は、蕾が沢山あるので、楽しみにしていましたが、なぜか突然、葉が黄色くなり枯れ始めました。 蕾も次々と落ちてしまい、がっかりしましたが、残った二つが、がんばって咲いてくれました。 


         ―  オニユリ (鬼百合) ―
(ユリ科ユリ属、原産地グアム、日本、中国、球根植物、学名Lilium lancifolium )
P1620427s3.jpg P1620428s3.jpg
9個の蕾がつき、ムカゴもびっしりです。 お花がそっくりの”コオニユリ” には、ムカゴがないので、区別がつきます。


P1620429s3.jpg P1620789s3.jpg
毎日、膨らんでいく蕾が可愛らしいです。(左) こんなに枯れてしまいました。(右)


      P1620787s4.jpg
葉が枯れても、お花は咲くのですね。 落下した蕾の分までいっしょうけんめいに咲いている感じがして、健気ですね。


P1620786s5_201607160039258dc.jpg
お花は、小さ目ですが、オレンジ色の花弁に、このこげ茶色の斑点模様が、個性的です。 「赤鬼」を連想させることから、「鬼百合」 という名前がついたそうです。


P1620783s5.jpg
 
P1620799s5.jpg
梅雨の晴れ間のギラギラとした陽射しの中で、この朱色が、眩しいです。


P1620785s5.jpg
             長いオシベも個性的です。 


        今日も見てくださり有難うございました。




tag : ゆり オニユリ 鬼百合 コオニユリ ムカゴ

ゆりの季節 2016 ④

オリエンタル系のオリエンタル・ハイブリッド(OHゆりが、今、綺麗に咲いています。

オリエンタル・ハイブリッド(OHは、日本に自生するヤマユリ、ササユリ、カノコユリを中心に品種改良されたゆりで、芳香があり、大輪のお花を咲かせるのが特徴です。 代表の一つとして、オランダで作出された白のカサブランカが有名ですね。
我が家にも咲きましたので見てくださいね。


ヤマユリ (山百合)
       
(ユリ科ユリ属、球根植物、日本原産、学名Lilium auratum Lindl.)
     P1620271s5.jpg
いただいた球根がヤマユリだったので、すごく嬉しいです。 5月の連休の時に植えたので、心配でしたが、こんなに早くお花が見られるとは、感激しました。 20cm以上もある大輪のお花は、甘い香りもして華やかで、「ユリの王様」と言われるのがわかります。


P1620274s5.jpg
               見事な1輪


P1620279s5.jpg
日本原産ということや、ゆりの品種改良の元になっているなんてとても誇りに思います。 


P1620277s5.jpg
オリエンタル・ハイブリッドの特徴である、花弁が反り返るのは、このヤマユリが元ですものね。 可愛いです~


P1620361s5.jpg
1つの花茎から4つのお花が咲き、手毬の様に咲いて豪華です。 
来年も開花するといいのですが。 以前も育てていましたが、2年目までは、お花が見られましたが、その後は発芽もしなかったので、スカシユリの様に何年も咲くというのは難しそうです。でも、古い株ほど沢山のお花をつけるそうですが、我が家では、無理ですね。



カサブランカ

カサブランカ(OH
(ユリ科ユリ属、球根植物、 学名Lilium `Casa Blanca`)

     P1620748s5.jpg
頂いた6つの球根のうち、ヤマユリが2つと、あとは白のカサブランカでした。 我が家では、消滅したので、今年の秋には、新しい球根を植えようと思っていたので、とても嬉しいです。 ヤマユリと同様で、何年も咲かせるのは難しそう, 我が家では、せいぜい3年くらいでしょうか、このカサブランカを1回で終わらせないように頑張って見ます。 半日日陰が良いそうです。


P1620744s5.jpg
            20cm以上のお花は立派です。


P1620752s5.jpg
清楚でエレガントな雰囲気は、ウエディングブーケによく使われ人気ですね。



パープルプリンス(OH パープルカサブランカ)
      P1620546s5.jpg
カサブランカといえば、白ですが、この頃は黄色やピンク系のもありますね。 我が家では、一昨年、紫色のを植え、今年2年目のお花が咲きました。 すーっと高く咲く姿は、名前の様にまるで紫の王子様の雰囲気があります。


      P1620564s5.jpg
         今年で2年目、咲いてくれて嬉しいです。 

P1620611s5.jpg
         甘い香りを振りまいています。

P1620583s5.jpg
紫色のカサブランカとラベルに書いてありますが、紫がかった赤茶色です。 


P1620481s5.jpg
             雨に濡れた姿も美しい~


P1620715s5.jpg
あと2つの蕾が開いたら満開ですが、昨年より花数は少ないです。 来年もお花が見られたら嬉しいです。


名前不明のゆり
P1620536s5.jpg


     P1620535s5.jpg
昨年、突然この場所に姿を現したこのゆり、今年も会えました。 花の形から、たぶんオリエンタルユリの種類だと思います。 ここに植えた記憶がなくて、どこからか種が飛んできたかしら?  淡いピンク色のお花は小さくて貧相ですが、健気な感じがして可愛いくて、また来年も会えるようにがんばって管理しようと思います。

我が家のOHゆりは、すべて咲き、これからは、カノコユリが出番を待っています。 また見てくださいね。



       今日も見てくださり有難うございました。




 

tag : やまゆり オリエンタルハイブリッド OH ゆり

ゆりの季節 2016 ③


長く楽しませてくれたスカシユリが終わり、オリエンタルユリ系のゆりが咲き始めました。

オリエンタルユリ系のゆりは、甘い香りがして、お花も大きくてエレガントな雰囲気がありますね。 庭は、今、あま~い香りに包まれています。 オリエンタルユリは、日本や中国などアジアに自生しているゆりを元に交配したゆりです。

ゆりの種類は沢山あり、分類もいろいろですが、今日は、OTハイブリッドゆりを見てください。  OTハイブリッドは、オリエンタル系のゆりとテッポウユリを交配した品種です。

詳しくは、⇒こちらをご覧ください。

 

庭の景色
     P1620476s5.jpg
イエローウィンニンフが咲き、ここの場所は、華やかです。 もう何年も同じ景色です。

P1620288s5.jpg
パッショネールは、今年は花数がだいぶ少なくなりました。




イエローウィンOTハイブリッド
P1620603s5.jpg
     半日日陰の所でも、よく咲きます。


     P1620385s5.jpg
ここは、南側のよく日が当たる場所だからでしょうか、もう何年も、咲きます。 2006年か2007年に球根を植えてから、毎年咲くので、その丈夫さに驚いています。


P1620197s4.jpg


P1620400s5.jpg
黄色のお花は、うっとうしい梅雨の日を明るくしてくれていいですね。 元気がでます。


ニンフ(OT)
P1620393s5.jpg
4年めのニンフ、今年もまたお花が見られて嬉しいです。 

P1620397s5.jpg


P1620398s5.jpg
約20cmあるお花は、淡いベージュ色の花弁に薄紅をさしたような柔らかな雰囲気があります。 とっても美しいです。


パッショネール(OT)     
    P1620187s5.jpg
力強い感じのパッショネール、2007年に、たった一つの球根を植えてから、分球してこんなに増えました。 

P1620185s5.jpg
       大きなお花が、華やかです。

P1620238s5.jpg
初めて咲いた時と変わらない同じ色合いとお花の雰囲気が嬉しいです。 


        今日も見てくださり有難うございました。



tag : ゆり オリエンタルユリ OTハイブリッド イエローウィン ニンフ パッショネール

ゆりの季節 2016 ②

梅雨の晴れ間の庭にスカシユリが競って咲いています。 

スカシユリは色も豊富で丈夫なところが魅力的です。
我が家のスカシユリが今、綺麗に咲いているので見てくださいね。

ゆりについて、⇒こちらをご覧ください。


スカシユリアジアティック・ハイブリッド
P1610913s5.jpg
 ”アイライナーです。  名前の由来は、花弁がこげ茶色に縁どられていて、アイラインをひいているようだからだそうです。

     P1610904s5.jpg
       折ってしまったので、お部屋に飾りました。



P1610516s5.jpg
名前も元気な ロリーポップ”  白とピンク色の2色使いが鮮やかで可愛いです~


P1610805s5.jpg
ちょっとベージュが入った白の ”ナボナ 、お花が大きくて見応えがあります。


P1610903s5.jpg
名前がはっきりしない黄色のスカシユリは、お花が大きくて周りが明るくなります。 2008年から毎年咲き、その丈夫さに驚いています。



s5_201606140007280fc.jpg

     P1610749s5.jpg
頂いた球根なのですが、名前がわかりません。 2009年に初めて咲き、それから毎年、お花が見られます。1つの茎に沢山のお花をつけるので華やかで、今年は10個、2014年は25個のお花を咲かせました。




P1610776s5.jpg

     P1610775s5.jpg

P1610842s5.jpg

P1610843s5.jpg
この朱色のも名前がわかりません。 このゆりは不思議で、オシベにヤクがついていないのです。炎のような濃い朱色がとても鮮やかで魅力的です。 2013年に初めて咲いた時は、お花が大きくて立派でしたが、年々お花が小さくなっています。来年は、お花が見られるかな?  



P1610891s5.jpg

P1610883s5.jpg
杏色のスカシユリも名前がわからないです。 陽が射したお花は、透明感がありとても綺麗で、この色はお気に入りです。
朝日が当たるところと、西日が強い場所にそれぞれ植えてあるのですが、同じように綺麗に咲きます。 このゆりも、2011年から毎年咲くので、手間もかからずに有りがたいです。



       今日も見てくださり有難うございました。





tag : ゆり スカシユリ アジアティック・ハイブリッド ロリーポップ ナボナ アイライナー

ゆりの季節 2016  ①

梅雨に入りうっとうしい日々が続きます。

雨の中、アジサイとゆりが咲き始めて綺麗です。
今は、スカシユリの時期, ほとんど名前がわからないのですが、ゆりが咲く我が家の庭をみてくださいね。



    P1610877s5.jpg
ここは、東南の場所、もう何年も咲きます。  花数も多くて、この杏色がとても綺麗です。 後ろの朱色のも元気に咲きました。


P1610855s5.jpg
ここにも杏色のスカシユリが咲き、赤紫色のアジサイと素敵な景色を作っています。 右の黄色のお花は、マーガレットコスモスです。



P1610889s5.jpg
黄色のスカシユリ。 昨年は、後ろにカシワバアジサイの白いお花が沢山咲いたのですが、剪定が間違ったらしくてお花が少ないです。


    P1610515s5.jpg
黄色のスカシユリの側に咲いている、可愛い”ロリーポップ”、毎年ここに咲きます。



P1610847s5.jpg
清楚な白のスカシユリ。  となりに、やはり白スカシユリの ”アイライナー”が咲いていましたが、支柱を立てていたら、ぽっきりと折ってしまい、部屋で観賞しています。  紫色の球形のお花は、アリウム・ギガンチウムです。 



         今日も見てくださり有難うございました。




tag : ゆり すかしゆり アリウム・ギガンチウム

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]