庭の風景  シャクヤク と シラン

 
庭に、シランが満開、シャクヤクが華やかに咲いていて、今の季節は、カメラをもってずっと庭にいてしまいますね。


           ―  シャクヤク (芍薬)  ―
(ボタン科ボタン属、原産地はアジア大陸北東部、多年草、学名Paeonia lactiflor)
   P1680215s5.jpg
濃いピンク色のシャクヤクが咲きました。   5~6年まえに蕾もついていない30cm位の苗を購入して、ずっと開花を待っていました。 もう、諦めていたので2つも咲いて嬉しいです~

                P1680353s4.jpg
シャクヤクとボタンのお花は、そっくりで、区別が難しいのですが、見分け方としては、ボタンは落葉低木で”木”なんです。 シャクヤクは、茎も細く、”草”の分類になります。 葉っぱが1番わかりやすく、ボタンは葉に切れ込みがあり、シャクヤクはないです。 蕾もわかりやすいと思います。 ボタンの蕾は先が尖っていて、シャクヤクは、丸いです。こんなことを思いながら見ると楽しいですよね~ 

    P1680354s45.jpg
シャクヤクは、ボタンが咲き終わるのを待つように咲きます。 ボタンもシャクヤクも共に美人を表すお花として知られていますよね。 艶やかですものね。

   P1680508s5.jpg
白のシャクヤクは、毎年良く咲きます。 今年も沢山蕾をつけていますので、開花が楽しみです。 例年ですと、連休に満開なのですが、今年はだいぶ遅れています。




         ―   シラン (紫蘭)  ― 
(ラン科シラン属、原産地は、日本、中国、台湾、宿根草、学名Bletilla striata)    
  P1680403s5.jpg
ランと言えば高級で豪華なイメージがありますが、このシランは、蘭の一種でありながら、あまり気どりがなく親しみやすく、育てやすいです。

    P1680406s45.jpg


                P1680402s4.jpg
シランは、外側に外花被片3枚、内側に内花被片3枚の花弁があります。そのうちの、真ん中のフリルのような内花被片は、”唇弁”と呼ばれて、飛んできた昆虫の着地に都合の良いつくりになっています。 植物って面白いですね。


     P1670900s45.jpg
半日陰から日向まで適応するくらい、丈夫です。  耐寒性は、やや弱く、耐暑性は強いので、我が家では夏でも西日がいっぱい当たるところに植えてあります。 


         今日も見てくださり有難うございました。






tag : シャクヤク 芍薬 シラン 紫蘭

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]