涼しげなつりしのぶ


毎日の猛暑にやる気が失せています。 


つりしのぶを吊るして、気分転換をしました。

つりしのぶは、江戸時代から親しまれている古典園芸で、暑い日に軒下に吊るして空間を楽しみます。 
風情があり、エアコンなどがなかった時代の粋な涼のとりかたですね。

昨年のつりしのぶには、セッコクが咲きましたが、今年は、お花が見られませんでした。

しのぶも数が減ってきているけれど、風に揺れている姿は、涼しげです。 




         P1700839s5.jpg



         P1700829s5.jpg
風鈴をつけると、音色がとても心地よくて、少しの間暑さを忘れます。



     今日も見てくださり有難うございました。




tag : 吊りしのぶ

ゆりの季節 2017 ④



しばらく留守をしていましたので、庭のお花は、連日の暑さで全滅だと思っていましたら、何と赤のカノコユリが見事に咲いていました。 

今年で7年目の球根ですし、ここに移植して3年目なので、毎年、心配しているのですが、昨年と変わらず咲いたのでほっとしました。 同じような写真ですが綺麗なので見てくださいね。

我が家では、カノコユリが一番最後に咲くのですが、とうとう、オニユリ、カサブランカ、ヤマユリは、今年はダメでした。 秋に新しい球根を投入します。

白のカノコユリが、まだ蕾のままなので、開花が楽しみです。



           ―  カノコユリ (鹿の子百合)  ―
(ユリ科ユリ属、原産地は日本、中国、台湾、 球根植物、学名 Lilium speciosum)
P1700842s5.jpg
丈は、大きいので2m位あり、今年は5本も伸びてくれました。 この場所(藤棚の下)が合っているのでしょうか、来年もまた見られますように!

P1700847s5.jpg



     P1700866s5.jpg
                 綺麗です~



P1700859s5.jpg
花弁が外側に強く反り返るのが特徴なのに、この子は、どうしたんでしょうね? 反りが甘いですね~  オリエンタル系のユリのようです。 


P1700855s5.jpg



P1700850s5.jpg




P1700825s5.jpg
      午後の日差しを浴びて透き通る花弁が美しい~


P1700759s5.jpg
横か下向きばかりに咲くカノコユリですが、これは、真正面に向いていて、珍しいです。 



P1700840s5.jpg
         この横顔の美しいこと!


P1700893s5.jpg
裏側も綺麗なんです。 花径のグリーンと花弁の色合いが好きです。


P1700884s5.jpg
カノコユリの特徴を1番表している花弁の反り返り、よくここまで反りますね。 もう芸術品だと思います。 花弁同士で、何やらおしゃべりをしているように見えます。楽しそうです。


      P1700886s45.jpg
                見事な反り返り~


P1700861s5.jpg
花芯の色も綺麗ですね。  花弁には小さな突起があり、触ると手応えがあります。 このポツポツとしたカノコ模様があるので ”カノコユリ”と言うんです。 自然が創りだした作品としか思えません。



P1700761s3.jpg P1700860s25.jpg
スーッとのびたシベもエレガント、ふっくらとした蕾も可愛いです。 



           今日も見てくださり有難うございました。





tag : ゆり カノコユリ

フラワー・アレンジメント (2017年6月) ミラベルのブローチ




2017年6月のフラワー・アレンジメントのお教室 リビエール に行ってきました。

今回は、生花ではなくて、久しぶりのアクセサリー作りです。
テーマは、「ドレミの歌」の舞台になったミラベル庭園と宮殿をイメージした「美しい眺め」をデザインします。

オーストリアの伝統的な工芸、純金銀細工で作るシェーネアルバイテンのブローチの作成は、お花のアレンジメントとは違い、また楽しいお稽古の一つです。

毎回、細かい手作業に四苦八苦しますが、シェーネアルバイテンのお稽古は、貴重な経験ができて嬉しいです。 純金銀のワイヤーを使用しているので、とても豪華な作品になります。

シェーネアルバイテンとは、ドイツ語で 美しい手仕事という意味です。そして、修道院で伝えられてきたオーストリアの伝統工芸をリビエールが植物や木の実などを用いて、自然との融合を考慮した独自のデザインを確立し、アートにまで進化させた美しい作品のことです。  

6月のお稽古の作品ですが、遅くなりましたが、見てくださいね。 



並べて鑑賞
IMG_5551s5.jpg
(左から)  Rさん、Sさん、私、Oさんの作品です。 素敵なピンブローチ仕立てです。





Sさんの作品
IMG_5590s5.jpg
        カラービーズのルビー色が、存在感がありますね。

IMG_5594s5.jpg
カラービーズの形を生かしてデザインしているので、とても華やかな雰囲気です。

IMG_5591s5.jpg


s5_201707142309125eb.jpg
メタセコイアの木の実がバラのようで、可愛らしくて素敵です。 私も、同じようなデザインをしました。




Oさんの作品
IMG_5550s5.jpg
         大人っぽい雰囲気ですね。

IMG_5611s5.jpg
        メタセコイアの木の実の鱗片のあしらい方が素敵~

    IMG_5608s45.jpg
ゴールドワイヤー、ペルルドラート、DMKブリオンを駆使して(私が一番苦労したところです。)ラインストーンを囲む作業は、大変でしたが、Oさんのはキラキラとしていて、とってもゴージャスな感じが伝わってきます。

IMG_5559s5.jpg
           宝石で飾られた王冠のようですね。        





私の作品
P1700080s5.jpg


P1700092s5.jpg


IMG_5544s5.jpg
メタセコイアを少し小さくして、バラのお花が付いているようにしました。

    P1700102s4.jpg






Rさんの作品
IMG_5598s5.jpg
      いつも発想豊かなRさんの作品には、目を奪われます。

    IMG_5569s4.jpg
      メタセコイアの鱗片をガクに見立てたアイデアは斬新ですね。 

     IMG_5572s5.jpg

IMG_5573s3.jpg IMG_5600s23.jpg
    揺れるしずくビーズのところにパールをおき、可愛さ倍増~(右)



先輩の作品

Sさんの作品
IMG_5581s5.jpg
    落ち着いた感じの先輩のSさん、作品にも反映されています。

IMG_5582s5.jpg


IMG_5584s5.jpg
       丁寧な仕上がりが高級感を醸し出しています。

Sさんは、6月のお稽古が最後になりました。 私の初めてのお稽古の時に近くにいらして、優しい笑顔がとても印象的でした。不安な私の気持ちをほぐしてくれました。 お花が本当にお好きで丁寧で美しいアレンジに憧れていました。 淋しくなりますが、また戻ってきてくださいね。 頂いたお菓子皆で楽しみました。 本当にお世話になりました。 どうぞ、これからもお元気でご活躍されることをお祈りしています。



Kさんの作品
IMG_5585s5.jpg
        個性的なデザインにため息がでました。

IMG_5588s5.jpg
      角度をかえて見ると、また雰囲気が変わり素敵ですね。

IMG_5586s5.jpg

     
     IMG_5587s45.jpg
ラインストーンに施された美しい手仕事が、強調されていて目をひきます。そこから、 カラービーズが、ちらっと見えて、ドキッとするデザインですね。




材料
IMG_5538s4.jpg


IMG_5535s2.jpg IMG_5536s2.jpg IMG_5537s2.jpg


IMG_5541s2.jpg IMG_5539s35.jpg
ラインストーン11粒 8粒x2、 ペルルドラート 2.5cmx2 3cm、 DMKブリオン 2.5cmx2 3cm、 極細ブリオン、 4mmビーズ7個 5mmビーズ4個 3mmビーズ3個、 カラービーズ大 20x16mm、 しずくビーズ、 しずく型透かしパーツ、 ピック+ブローチピン ペルルドラート 4cm→6cm、 メタセコイア、 十文字穴ビーズ 1個、 丸環 (順不同)



         今日も見てくださり有難うございました。




tag : フラワー・アレンジメント

ゆりの季節 2017 ③


大雨の被害にあわれた方々に心からお見舞い申し上げます。 

今年で10年めの、オリエンタル系のゆりパッショネールが、今、綺麗に咲いています。
2007年にたった一つの球根を植えてから、分球して沢山殖えました。 年々、花数が少なくなっていますが、今年も元気に大きなお花を咲かせてくれて、嬉しいです。 我が家のオリエンタル系はこれで最後で、次はカノコユリが控えています。



パッショネールOT
     P1700350s5.jpg
           この場所がお気に入りなのでしょう。



P1700358s5.jpg



        P1700441s4.jpg
            花弁のカールが可愛いのです~

 

P1700349s5.jpg
濃いえんじ色の花芯は、個性的でパッショネールというネーミングにぴったりですね。 





カノコユリの蕾
P1700385s3.jpg P1700384s3.jpg
まだ小さい蕾、咲くのは、まだまだですね。 左が赤カノコ、右が白のカノコユリです。 蕾が虫に食べられないように無事に咲きますように!






窓辺に飾りました。
    P1700580s5.jpg
雨でお花が痛まないように、少しカットしてリビングに飾りました。 ゆりは、茎がまっすぐなので、まとめて花瓶にポンと入れるだけで、とっても華やかな感じになります。 冷房で閉めきった部屋には、甘い香りが、ちょっときつくて気になり、ここは食卓があるので、写真を撮ったら、すぐに玄関に移しました。 



           
           今日も見てくださり有難うございました。



tag : ゆり OT オリエンペット・ハイブリッド パッショネール

ゆりの季節  2017  ②

 

スカシユリが終わり、今、盛んに咲いているのが、オリエンタル系のユリです。 

スカシユリがアジア系で、アジアティック・ハイブリッドといわれますが、オリエンタル系は、オリエンタル・ハイブリッド(OH)と言い、
大きめのお花と香りがあり、花弁が外に少し反り返っているのが特徴で、代表的なのがカサブランカですね。

そういえば、今年は、カサブランカとヤマユリが、ひとつも出てこなくてがっかりです。 

ゆりは、いくつかに系統だって分類されていますが、交配により色々な品種ができ、呼び方も色々で、混乱してしまいます。

今日の我が家のゆりは、OTハイブリッドのゆりで、オリエンペット・ハイブリッドOT)と呼ばれています。
OTは、「オリエンタル・ハイブリッド」と、「トランペット・ハイブリッド」の交配種です。
    


    P1700523s5.jpg
この場所のアジサイは、遅れて咲くので、ちょうど良い時期にゆりも咲き、お気に入りの景色になります。


P1700451s5.jpg
         2階からパチリ~  みんなこっちを見てる~




ニンフ (OT
     P1700419s5.jpg
      5年目のニンフ、今年も沢山お花が見られて嬉しいです。


P1700454s5.jpg
             甘い香りも魅力的です。


P1700418s5.jpg



    P1700341s4.jpg
     乳白色の花弁にうっすらと紅をさしたようで、本当に美しいです。




イエローウインOT
P1700458s5.jpg
         2m以上の高さで、見上げてしまいます。


    P1700447s5.jpg
イエローウインの黄色のお花は、庭を明るくしてくれますね。 2006か、2007年に植えてから、毎年咲くので、驚いています。 ずっと植えっぱなしで、花後に肥料をあげているだけなのですが、とても丈夫ですね。


P1700320s3.jpg P1700319s3.jpg
おしべが面白いんです。 開花したばかりは、めしべにくっついていて(右)、しばらくすると、離れて互い違いになります。



         今日も見てくださり有難うございました。



tag : ゆり オリエンタル・ハイブリッド OH オリエンペット・ハイブリッド OT ニンフ イエローウイン                

ゆりの季節 2017  ①


大好きなゆりの季節になりました。

沢山の品種があるユリですが、まずはスカシユリ系のアジアティック・ハイブリッドが咲き、次は、オリエンタル・ハイブリッド(OH)、最後にカノコユリが咲きます。 
今は、OHが、1番綺麗にさいている時季ですね。 我が家もいくつか咲いていて目を楽しませてくれます。

もう、終わりになったスカシユリですが、我が家で綺麗に咲きましたので、見てくださいね。

      

              ― ゆり ―
  (ユリ科ユリ属、原産地は、北半球の温帯地域、球根植物、学名Lilium)
杏色
     IMG_5621s5.jpg
                毎年、良く咲きます。

s5_2017070307342821b.jpg
このアンズ色のスカシユリは名前が不明ですが、透明感がありとても綺麗です。

IMG_5623s5.jpg
花元から、中が透き通ってみえるので、”スカシユリ” と、名前がついたそうです。特に、この杏色はその名の通りで綺麗です。

      P1690911s45.jpg
  この場所では、今年は、たった一つ咲きました。 来年は大丈夫かしら?









オレンジ色
P1690727s5.jpg
名前もわからないこのゆりは、いただき物で、とっても色が鮮やかで、毎年綺麗に咲き庭を明るくしてくれます。 一つの花径に沢山のお花をつけるのが特徴で、今年は、14個のお花をつけました。  25個も咲いたころもあり、とっても華やかでした。


       P1690906s4.jpg



P1690865s5.jpg




IMG_5620s5.jpg
2009年に植えてから、毎年、咲くので、表彰状をあげたいくらいです。 がんばってるね!





黄色
     P1690691s5.jpg



P1690692s5.jpg
これも名前不明ですが、丈夫で毎年咲くので嬉しいです。  2008年に初めて咲いてから、今年もお花が見られて良かったです。


白のナボナ
     P1690689s5.jpg
大きなお花が特徴です。 今年は、たった一つしか咲かなかったけれど、少しベージュ色っぽい白さがレトロ感いっぱいで、大好きです。 



朱色
P1700052s5.jpg
このゆりは、不思議~  オシベに葯(やく)がないのです。 ”やく”とは、オシベの先についている茶色の花粉がびっしりついているところです。 この花粉が服につくと取るのが大変なので、活けると時は、取り除きますよね。 その”やく”が、ないのです。


     P1700 049s5.jpg





ロリーポップ
         IMG_5524s4.jpg


P1690946s5.jpg
名前もお花も可愛いですね~  ここに、数年咲くので、毎年楽しみです。



         今日も見てくださり有難うございました。



tag : ゆり スカシユリ オリエンタル・ハイブリッド アジアティック・ハイブリッド

アジサイの季節 2017 ②



まだ綺麗に咲いている我が家のアジサイを見てください。



白のアジサイ
P1700414s5.jpg

s5_20170701005610dd8.jpg
   この白のアジサイは、白から淡いブルーグレーのようになります。 



ブルーのアジサイ
P1690548s5.jpg

P1690550s5.jpg
昔からある普通の水色のアジサイですが、この頃は、ピンクっぽくなってきています。 でも、この雰囲気大好きです。 



マジカルシリーズのアジサイ
P1700249s5.jpg

P1700247s5.jpg
昨年の母の日に息子から贈られたアジサイ、秋色アジサイのように咲いていたのですが、今年は、こんな薄紫色です。これも綺麗で好きな色です。 



常山アジサイ(じょうざんあじさい)
P1690896s5.jpg
今年は、お花も少なく、綺麗に咲いている時季に写真が撮れなくて残念でした。 常山アジサイはアジサイと名がついていますが、実はアジサイの仲間ではなく、ディクロアという中国原産の常緑低木です。 別名は、中国アジサイといいます。 
 

    P1690990s4.jpg
        ふっくらした蕾が可愛いです。 手まりのようです。


P1700242s5.jpg
装飾花のないガクアジサイに似ていますね。 一つずつ開花していき1cmほどの小さな可愛いお花が咲きます。


     P1700302s5.jpg
私が、常山アジサイが好きなのは、この綺麗なシベの青い色、小さいのですが目を引きます。 花後には、青い実がなるそうで、楽しみにしているのですが、まだ一つもなりません。 3年目ですが、いつになったら実がなるのでしょう?


    P1700301s4.jpg
    星のような6枚の花弁、濃い青色のシベを引き立てています。

     昨年は、とても綺麗に咲いたので ⇒こちらをご覧ください。
  
 ◎今、ネットで調べましたら、アジサイの仲間というサイトもあり、そうではないということも言われていて、どっちなのでしょうね?




カシワバアジサイ
     P1700444s5.jpg
真っ白のカシワバアジサイも綺麗ですが、私はこれからの色合いが大好きです。 もう色の変化が」始まっていて、グリーンになってきています。
少し経つと、ピンク色にも染まっていき楽しみです。                                                                         


P1700004s5.jpg
 6/14日に撮影、 雪のようにふわ~としています。 とても綺麗~

P1700041s5.jpg


     P1690453s45.jpg
      咲き始めのグリーンの頃も綺麗で好きです~

  

         今日も見てくださり有難うございました。





tag : アジサイ カシワバアジサイ ガクアジサイ 常山アジサイ 中国アジサイ ディクロア

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]