不思議!バラの貫生花(かんせいか)

我が家のたった3本しかないミニバラの1つの、 グリーンアイス が、9月ごろから、咲き始めています。 このバラを購入した時は、安くて、ラベルもついていなくて、名前がわからなかったのですが、ブロ友のanneさんが教えてくださいました。anneさんは、バラに詳しいので他にも名無しだったのが名前がわかり、助かりました。持つべきものはブロ友さんですね! anneさん、いつも感謝しています。 

我が家のこのグリーンアイスは不思議なバラなんです。 今年も、珍しい現象がおこりました。 今回で3度目なのですが、 ”貫生花”(かんせいか)という現象です。  バラのお花の中にもうひとつお花が咲いたり(貫生) 、花弁の中から、葉がでてくる状態葉化です。
バラを育てている方はご存じだと思いますが、私は、バラのことは、よくわからないことが多くて、初めてこの現象を発見したときは、目が点になりました。 いろいろと調べましたら、一種の植物の病気だそうで、グリーンアイスだけではなくて、ほかの品種のバラにも発生するようです。 原因は、よくわからないようで、一般的に窒素が多い肥料のあげすぎといわれていますが、我が家は、バランスのよい液体肥料をあげているのですが。

それと、あの詩人ゲーテも、バラの貫生花に出会っていて、自身の著書「植物の変態を説明する試論」(1790年)の中で、とても蒸し暑い夏に遭遇したと記録しているそうです。 ゲーテは、生物学者としても活躍していたのですね。  貫生花 のおかげで、色々なことを知ることができました。

    では、 ”バラの貫生花”(かんせいか) をご覧ください
 


P1270320SS63.jpg
 バラの貫生花 グリーンアイスのライム色の花の中から、ピンクのバラが・・・・  不思議~、でも 綺麗ですよね~ 今回は、とても綺麗に咲きました。  この写真は9月に撮ったときので、1番綺麗なときです。蕾を偶然見つけてから、開花する時を待ち構えていたので、とうとう、バラの貫生花を綺麗にカメラに撮れて嬉しかったです~  マクロレンズがあれば、もっと緻密な部分が撮れるのに~ と、いつも良いカメラが欲しいなあ~と思う瞬間です。 


P1270209s.jpg
        花弁から蕾が出ているのを見つけました。 

P1270200s.jpg

P1270202s.jpg
            何か可愛い~


     P1270328s.jpg
     蕾がひらき、2段のお花になりました。 華やか~

     P1270323s.jpg
貫生の字の如く、ぐっと上までつきぬけて、生命力を感じます。


P1270329ss_20131104122233fc0.jpg P1270304ss_20131104122229142.jpg
        小さなボタンのお花のようです。

P1270204ss_20131104122226ea9.jpg P1270201ss_20131104122223377.jpg
花の中から葉が、これは葉化 (左)


P1270291s.jpg


P1270217s.jpg
この珍しい貫生花は、美しいと思うでしょうか? それとも気持ちが悪いでしょうか? 皆さんは、どうでしょうか?

フランス革命の時代に活躍した、宮廷お抱えの植物画家 ルドゥーテは、バラ貫生花を描いていて、このバラは、とても縁起の良いバラとされていたそうです。 初めて発見した時は、驚きましたが、めったに見られない貫生花が我が家に咲いてくれたと思うと、気持ち悪いとか、不気味という感じはなくて、ただただ不思議で面白くて、絵ではなくて実物を見られてラッキーだなあと思います。  

よかったら、過去の記事もをご覧ください→ こちら

貫生花について詳しくはこちらをご覧ください→ 植物の世界「奇形花の器官学」バラの虫とバラの病気のサイト

貫生花のほかにも、バラの花芯に2つの花が咲くという現象があり、ブルヘッドと言います。 我が家では、まだ見ていませんが、このブルヘッドバラが、お花屋さんで普通に流通していて、アレンジメントの花材などになっているそうです。 エキサイティング・メイアンという品種で、フランスの育種会社メイアンが品種改良した新種だそうです。まだお目にかかっていないのですが、 人為的にできるのが驚きです~   


         今日も見てくださり有難うございました。


tag : 葉化 グリーンアイス ミニバラ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

アンさん こんばんは。
ブログの中に私が登場していてうれしいやらはずかしいやら・・・。

今年も咲いたのですね。貫生花はいわば奇形だと思うのですが、それが毎年続くというのは不思議な感じがします。木自体がそうなのでしょうね。
それにしても、この白とグリーンとうっすらピンクの組み合わせは何とも美しいものですね。マクロレンズでなくてもその美しさは十分に伝わってきます。

アンさん こんにちは!

今年も咲いたのですね。
神秘的です。
アンさんのブログは、奥が深いです。
何度も読み返しています。
写真、とても上手に撮ってあります。
美しさが伝わってきます~♪

No title

e-497anneさん、こんにちは。

こちらまでもコメントを有難うございます。
そうなんです、また貫生花が見られて嬉しいです。
もうひとつグリーンアイスがあるのですが、こちらは、普通に咲いているので、これだけが、やはり奇形の木なのですね。
奇形とはいえ、何か珍しいので興味をもってしまいます。植物は不思議なことが沢山ありますね。
写真、綺麗に写っていますか、そう感じてくださりすごく嬉しいです。

v-521kayoさん、こんにちは。

いつも有難うございます。
貫生花、今年も咲き嬉しいです~
いろいろと調べてみると、面白いですね。
奇形だけれど、咲くと綺麗なので、毎年期待してしまいます。
写真、ほめていただき有難うございます。

不思議(@_@)

バラの貫生花という現象があるのも知りませんでした。
アンさんうちのグリーンアイスは今年で三回目の不思議現象ですか?
たくさん咲いている中から一つだけですか?
その枝に数本でるのですか?
なんとも不思議です。
一種の病気?
でも見たことのない現象が起きるとうれしいですね。
神秘的な感じで面白いですね。
二段になって色も違うので咲くと豪華ですね。

No title

v-22☆ちこママ☆さん、こんにちは。

いつも有難うございます。

昨年は見なかったのですが、2011年の2月と5月、そして今年で3度目の貫生花です。 グリーンアイスは、もう一つあるのですが、この小さな鉢植えのだけが、このように咲くんですよ。 同じ液肥をたまにあげているだけですが。 そうなんです、病気の咲き方らしいですよ。でも、不思議で面白いので、けっこう好みです。

これは、一株で、6個のお花が、ぽつぽつと咲き続けていて、その中で、2つが貫生花、2つが葉化状態で咲いていました。それぞれ、一つの枝に咲きました。  2番目に咲いた貫生花は、下のお花が、直ぐに茶色になり枯れてしまい、せっかくの蕾も開かずにこれも、枯れてしまいました。 葉化のほうが長持ちしています。

No title

貫生花?
こんな事があるなんてしらなかったですね
病気でこんな事が起こるなんて不思議ですね
ありがとう

No title

v-263natutubakiさん、こんにちは。

いつも有難うございます。
本当にこのミニバラは不思議ですよね。
この株だけにこの現象が見られるのです。
一種の病気らしいのですが、こんな咲き方は嫌いではなく、むしろ、珍しいお花が見られて嬉しい気分になります。
ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]