フラワー・アレンジメント (2015年6月) ゴシックポスト(フランボアイアン)



6月のフラワー・アレンジメントのお教室リビエールに行ってきました。

今回は、フレッシュではなくて、ドライの花材を使用したお稽古でした。

テーマは、「炎」。 
今回は、14世紀末から16世紀にかけてフランスやイギリスの後期ゴシック建築にみられる狭間飾りトレーサリーの炎のような装飾を、花材の一つの葉でデザインします。 実際に狭間飾りというのを見たことがないので、先生の作品を参考にしながら、なんとか完成に近づけました。 細かい作業に手間取って時間がかかりましたが(いつものことですが)、フレッシュとは、また違う楽しさを味わいました。 そして、お花をとおして、お花以外のことを学べることも喜びとなっています。

ゴシック建築は、実際に見たことがないので、”フランス~ゴシック大聖堂の国” から画像をお借りしましたので、こちらをご覧ください。


並べて観賞
DSC_0520s5.jpg
左から: Rさん、 Sさん、 私、 Oさんの作品です。


私の作品
P1540424s5.jpg
毎回、時間内に終わらせようとあせっているので、完成すると、どこか必ずおかしなところがあります。 今回もガーデンルスカスの左の葉が、めくれあがっていたので、家に帰ってから直しました。 サテンのリボン、ラインストーン、シナモン付ブリオンラインなどの装飾の花材が作品を豪華に見せてくれます。 手作りのこんな私の作品でも窓辺に置くと、うっとうしい梅雨の日を、一瞬でも忘れさせてくれます。

P1540407s5.jpg
ガーデンルスカスが、揺らめいている炎のようにみえるでしょうか?  この日は雨でしたが、外の光をとりこんで、いつもと違うカメラで撮りましたので、お教室内でのとは、違う印象になりました。 

IMG_2161s3.jpg IMG_2144s23.jpg
後側は、時間がなくて、手抜きでこんな感じ(左)、 真上から (右)




Sさんの作品
IMG_2128s5.jpg
すっきりとしたデザインでも斬新さが感じられます。 ブリオンラインの流れが、目をひきます。

      IMG_2135s5.jpg
この部分は、とても華やかで、情熱的に炎が燃えているようです、メラメラと~

IMG_2145s5.jpg


      IMG_2163s5.jpg
とてもシンプルな後側、少しのぞくブリオンラインがおしゃれな演出ですね。




Oさんの作品
           IMG_2127s5.jpg
 ルスカスの葉の色の濃淡がとても美しい~  

IMG_2126s5.jpg
見えないところまで、きちんとアレンジされていて凄いです~ ルスカスの葉先が、炎が踊っているようです。

            IMG_2153s5.jpg


IMG_2158s5_20150628191454e9a.jpg
こちらは、裏なのに、表と同じくらいの気持ちを入れてデザインされたのがよく伝わってきます。 Oさんらしいなあと思いました。 少し見えるブリオンラインがおしゃれです。 




Rさんの作品
IMG_2136s5.jpg
  いつもながら、堂々としたデザインに華やかさを感じます。

IMG_2139s5.jpg
   激しく燃えたぎる炎~  ルスカスのあしらい方が、そんなふうに感じます。

    IMG_2165s5.jpg
後ろも緻密に素敵にデザインをされていて、正面としてでも、充分だと思います。
 


花材
IMG_2111s3.jpg IMG_2110s3.jpg
左から: 扇型コンポート     ミニチーゼルとブルーのミニビーズペップ

           IMG_2109s3.jpg
ガーデンルスカスの葉  シナモン付ブリオンライン

その他: ラインストーン、リボン、メタリックブルー など、他にも名前が不明のドライの花材etc.

 


        今日も見てくださり有難うございました。



tag : フラワー・アレンジメント ゴシック建築 狭間飾り トレーサリー フランボアイアン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

アンさん こんばんは。

ヨーロッパの教会のファサードに施されている石の繊細な彫刻にいつも見とれてしまいます。それが狭間飾りフランボアイアンというのは初めて知りました。
アンさんの作品はルスカスの葉のあしらい方が狭間飾りによく見られるデザインを感じさせてくれます。窓辺においてちょっと逆光なのが教会の荘厳さを表現しているようです。

No title

e-497anneさん、こんばんは。

いつも有難うございます。
テーマがあるアレンジメントは、難しくて悩みます。
私も狭間飾りは、今回初めて知ったのですが、ネットで調べて、感動しました。
anneさんは、よく行かれるヨーロッパの教会などで、何度も見ていらっしゃると思いますが、私の作品が教会の荘厳さを表現しているようだと感じてくださり、光栄に思います。

No title

こんにちは
雨〜 ですね、いつ晴れる?

素敵な作品に・・・(^^)
いつもの作品も初めて〜 の鑑賞ですが
今回は小さめの作品 すごい〜です
器の中には オアシス があるのでしょうか?
なんとも言えないグリーンが 見事ですね

良い趣味をお持ちで、長く続けられると良いですね。

No title

v-252リコさん、こんばんは。

いつも有難うございます。
梅雨だから仕方ありませんが、こう雨が続くと気が滅入りますね。
雨にぬれたアジサイやゆりのお花を見て、テンションあげています。
今回のお花のお稽古は、生花ではないので、工作の様な作業でした。楽しかったです。
生のお花ではないので、オアシスではなくて、スタイロフォームというスポンジの硬いのを使用しています。

なかなか上達しないので、更新のじきがくると続けようかと、迷うのですが、好きなことですし、まわりの方が優しいので、今回も更新しました。

No title

こんにちは。
素敵ですね~~
いつも素晴らしい作品に見とれてしまいます。

ヨーロッパの歴史的建築物をデザインされているのですね。
トレサリーというのを初めて見せていただき、勉強になりました。

アンさん おはようございます。

今回も素敵ですね~☆
光を通したルスカスの葉がとてもきれいです。
おっしゃる通りに一時 雨を忘れさせてもらえますね。
ルスカスの葉もドライなのですよね?
自然の色合いなのでしょうか?
窓辺に置いたアンさんの作品とても素敵です。

No title

e-241よんこちゃんさん、こんばんは。

いつも有難うございます。
久しぶりの生のお花ではないお稽古でしたが、楽しかったです。 出来栄えはともかく、楽しかったので良しとします。

テーマがあると、悩みます。
狭間飾りは、私も初めてみるものでした。 お花以外のことも学べるので、難しいですが、楽しいです。

v-521kayoさん、こんばんは。

いつも有難うございます。
褒めてくださり有難うございます。
ルスカスの葉は、プリザーブドフラワーです。
葉脈も綺麗で、炎のデザインによくあっているなと思います。 生のお花ではないお稽古でしたが、楽しかったです。
ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]