ホトトギス

秋も深くなり、我が家の庭は秋色になりました。

春夏のカラフルな庭も好きですが、秋の庭の落ち着いた風情のあるところが好きです。
この時期には、ホトトギスが満開で、その個性的なお花が目を楽しませてくれます。 満開のホトトギスを見てくださいね。




             ―  ホトトギス  ―
 (ユリ科ホトトギス属、原産地は日本、多年草、学名Tricyrtis hirta)

P1630211s5.jpg
        本当に美しくて、ずっと見てしまいます。


P1640096s5.jpg
    複雑な形のお花が、神秘的で、大好きです~


P1640094s5.jpg
               可愛いです~ 


     P1630504s5.jpg
ひっそりとした佇まいも魅力的です。 池のそばに咲いています。


P1640101s5.jpg
     並んだぷっくりとした蕾も可愛いです。 


P1640037s5.jpg
  耐寒性があり、地下茎でよくふえて、とても丈夫です。 


           
        今日も見てくださり有難うございました。



tag : ホトトギス 山野草

ハナトラノオが満開



残暑の中、ピンク色のお花が涼しげな、ハナトラノオ、今年も沢山咲きました。
とても丈夫で、毎年、良く咲くので重宝しています。


      ― ハナトラノオ花虎の尾) ―
(シソ科ハナトラノオ属、原産地は北米、耐寒性多年草、学名Physostegia virginiana)

P1630379s5.jpg
こぼれ種で、あちこちに咲いています。  右下の紫色のお花は、青色フジバカマで、地下茎で殖えていき、今満開です。この時期は、この二つのお花が同時に咲くので、私の好きな景色になります。


       P1630743s3.jpg
別名は、カクトラノオ、茎を切ると切り口が四角形だからだそうです。 


   P1630372s5.jpg
虎の尾にみえる長い花穂、下から咲きあがっていきます。 先端まで咲き進むより、このくらいの開花状態が好きです~ 



   P1630149s5.jpg
       青みのあるピンク色が綺麗です。 


   P1630147s5.jpg



   P1630735s5.jpg
        

   P16307285s5.jpg
   規則正しく整然と咲いているお花が、微笑ましい。



   P1630141s5.jpg
虎の子供がしっぽを揺らして遊んでいるようです。 こんな感じから、「花虎の尾」というネーミングになったのでしょうね。


      P1620903s4.jpg
          風でユラユラして可愛いです。



       今日も見てくださり有難うございました。   



tag : ハナトラノオ 花虎の尾 カクトラノオ

爽やかな夏水仙



いつも突然、姿を現すように咲く夏水仙には、驚かされます。

秋から翌年の春にかけて、水仙の葉に似た葉が、先にでて、葉が枯れてから花茎がのびてお花が咲くので、ある日突然お花が咲いた感じをうけます。 


          ―  夏水仙ナツズイセン) ―
ヒガンバナヒガンバナ属、原産地は中国、球根植物、学名Lycoris squamigera)

    P1620976s5.jpg
日本では、本州、四国、九州で自生しています。 お花が咲く時期には、葉がなくて、花茎とお花だけの姿なので、”裸ゆり”という別名があります。 


P1620982s5.jpg
    1つの花茎に6つのお花をつけて、華やかです。



P1620980s5.jpg




     P1620978s5.jpg
ゆりに似ていて、透明感のある淡いピンク色のお花は、はかなげで美しいです。



     P1620941s5.jpg
 この場所では、めったに咲かないのですが、今年は1番に咲きました。 耐暑性、耐寒性に優れていて、我が家では、もう何年も植えっぱなしです。


P1620971s5.jpg

     P1620964s5.jpg
お花もそうですが、私はこのスーッとのびたメシベとオシベも美しいと思います。



        今日も見てくださり有難うございました。







tag : 夏水仙 ナツズイセン ヒガンバナ リコリス

吊りしのぶに咲く可愛いセッコク

暑い日には、自然の涼を感じるのが気持ちが良いですよね。 

真夏の暑さではないけれど、ちょっと動くと暑さを感じるこの頃、気分だけでも爽やかにと吊りしのぶを吊るしました。 
涼しげなシダ植物しのぶの中に白いセッコクのお花が咲いていました。



    P1610250s5.jpg
           しのぶの涼しげな葉

    P1610256s5.jpg
     2014年に初めて咲いてから、毎年咲きます。



    P1610252s5.jpg
     今年は5つのお花が見られて嬉しいです~ 



     P1610216s5.jpg




P1610217s5.jpg
セッコクは、らん科の植物で長生蘭といい、デンドロビウムの仲間です。


   2014年のセッコクです。⇒ こちら をご覧くださいね。



       今日も見てくださり有難うございました。




tag : 吊りしのぶ せっこく 長生蘭 デンドロビウム シダ植物 しのぶ

華やかなシャクヤクの花

毎年、連休のころに開花し始める シャクヤク が、今年も綺麗に咲きました。

5月3日に咲き始めて、今朝もまだ、綺麗に咲いています。
少しの間留守をするので、帰宅するころには、きっとお花が終わってしまっているでしょうから、沢山写真を撮りましたので、我が家の綺麗なシャクヤクを見てくださいね。 1つでも咲いて待っていてくれると嬉しいのですが。

  

         ―  シャクヤク (芍薬) ―
(ボタン科ボタン属、原産地はアジア大陸北東部、多年草、 学名 Paenia lactiflora)

   P1610024s5.jpg
周辺のお花が、シャクヤクの白い色を引き立ててくれます。  ピンク色は、シラン、黄色は、キショウブです。 




P1610050s5.jpg  P1600974s5.jpg
花弁の縁が少し赤いので、中心がピンク色に見えるのも魅力的です。



     P1600983s5.jpg
ほぼ全開、 ボリュームのあるお花は、一つでもとても豪華です。 このような咲き方は、ボタンのようで、美しいので、共に美人の形容にされるのですね。 まだ、花芯がしっかりとしているので、3~4日は、楽しめると思います。



P1600973s5.jpg
                後姿も美しい~



         P1600373s35.jpg  P1600160s5.jpg
私は、どうしても白玉団子にしか見えないまん丸な蕾、可愛いです。 4/21の蕾です。 



  P1610080s45.jpg
今朝は、こんなに咲きそろっていました。  庭が華やかな雰囲気になりました。 



       今日も見てくださり有難うございました。




tag : シャクヤク

ミニバラの不思議が今年も。 「バラの貫生花(かんせいか)」



不思議な現象が久しぶりに見られました。 ミニバラ、グリーンアイス貫生花(かんせいか)です。

貫生花とは、お花の中からもう一つお花が咲くという珍しい現象で、我が家では、グリーンアイスにだけ見られます。植物の病気の一つだそうですが、⇒ こちら 

バラの画家とか花の画家と呼ばれている植物画家のルドゥーテがこの貫生花のバラを描いていて、とても縁起が良いとされているそうです。
ミニバラは、以前は3つありましたが、今はたった2つしかありませんが、我が家にこんな縁起が良い現象が見られて嬉しいです。

初めて見つけたのは、 2011年2月、 次は2011年5月, 2013年11月,
そして今年で4回目、植物の不思議に遭遇するのは、面白くて楽しいですね。 
2011年と2013年は、同じ木です。

 では、バラの 貫生花をご覧ください。
 

バラの貫生花


P1600371s55.jpg
花弁の中から、もう一つのお花が咲いています。




P1600220s5.jpg

P1600221s5.jpg
4/21に蕾発見。  また、遭遇して嬉しかったです~


    IMG_3550s5.jpg
     4/25  蕾が膨らんできました。



P1600489s5.jpg
4/27   開きました~


P1600367s5.jpg
4/27  3cm位のミニバラですが、2段に咲くとボリューム感がありますね。


     IMG_3558s5.jpg
5/1 これ綺麗ですね。 まさしくバラの中にバラが咲きました。



    P1600881s4.jpg
もう一つのバラの中心部は、緑色の葉のようなものが見られます。 葉のようなものでしたら、この現象は、”葉化というそうです。 これも不思議ですね。 


     今日も見てくださり有難うございました。


tag : グリーンアイス 貫生花 葉化 ルドゥーテ バラの画家

可愛いスノーフレークの花

関東地方は、春一番が吹き、凄い雨と風でしたが、今は、ピタッと止んで、陽がさしてきました。
梅の花びらは、少し散り始め、まだ咲いている水仙は折れてしまいました。

スノーフレークは、こんな雨風の中で、元気に咲いていました。
小さな白のお花は、風に揺れて可愛いです。 スノードロップとよく間違えられますが、同じ球根植物ですが、属性が違います。 写真は、2月9日に撮りました。 


              ー  スノーフレーク  ー
(ヒガンバナ科スノーフレーク属、ヨーロッパ中南部原産、球根植物、学名Leoucojum aestivum)

P1580052s5.jpg
垂れ下がって咲く姿が、可愛いですね。  釣鐘状のお花は、下を向き、これがスズランのお花のようで、葉は水仙に似ているというところから、別名は、スズラン水仙 といいます。

P1580050s5.jpg
花弁の先の緑の斑点が、アクセントになっておしゃれ感があります。 

      P1580047s5.jpg
日向から半日陰でよく育ち、とても耐寒性があり、夏の暑さにも強くて、手間がかからないです。 すらっとしていて、佇まいがエレガントですね。

      P1570889s5.jpg
          開花準備中~  蕾も可愛らしいです。



          今日も見てくださり有難うございました。




tag : スノーフレーク スズラン水仙

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]