美しい白のシャクヤク



我が家の白いシャクヤクが咲き、庭が華やかになりました。

毎年、連休には、満開の状態になるのですが、ずいぶん遅れて咲きました。
花数も沢山で20cm近い大きさのが、3つありとても綺麗です。 
今年は、嬉しいです~


           ―  シャクヤク (芍薬)  ―
(ボタン科ボタン属、原産地はアジア大陸北東部、多年草、学名Paeonia lactiflor)
P1690207s5.jpg


P1690202s5.jpg
        20cm位あるので、豪華で圧倒されてしまいます。 

P1690205s5.jpg

P1690152s5.jpg




   P1690031s4.jpg
     P1690167s45.jpg
よく見ないとわかりませんが、花弁は赤い色で縁どられていて、花の中心はクリーム色とピンク色に見えて、とても美しいです。



P1690191s5.jpg

P1690195s5.jpg

P1690194s5.jpg
同じ場所で、地植えで育てて、20年になります。 今年が、花数と大きさでは、最高のシャクヤクのお花が咲いて嬉しいです~

P1680988s5.jpg
蕾が開き始め、これから大きくなります。 傍には、ユリ、クレマチス、ダリア、ジキタリスなどが成長しています。 

P1680979s5.jpg
          シャクヤクは、蕾が丸くて可愛いですね。

日当たりと、水はけが良い場所が適しているそうです。 我が家は、南側の花壇に植えています。 



          今日も見てくださり有難うございました。



     

tag : シャクヤク

庭の風景  シャクヤク と シラン

 
庭に、シランが満開、シャクヤクが華やかに咲いていて、今の季節は、カメラをもってずっと庭にいてしまいますね。


           ―  シャクヤク (芍薬)  ―
(ボタン科ボタン属、原産地はアジア大陸北東部、多年草、学名Paeonia lactiflor)
   P1680215s5.jpg
濃いピンク色のシャクヤクが咲きました。   5~6年まえに蕾もついていない30cm位の苗を購入して、ずっと開花を待っていました。 もう、諦めていたので2つも咲いて嬉しいです~

                P1680353s4.jpg
シャクヤクとボタンのお花は、そっくりで、区別が難しいのですが、見分け方としては、ボタンは落葉低木で”木”なんです。 シャクヤクは、茎も細く、”草”の分類になります。 葉っぱが1番わかりやすく、ボタンは葉に切れ込みがあり、シャクヤクはないです。 蕾もわかりやすいと思います。 ボタンの蕾は先が尖っていて、シャクヤクは、丸いです。こんなことを思いながら見ると楽しいですよね~ 

    P1680354s45.jpg
シャクヤクは、ボタンが咲き終わるのを待つように咲きます。 ボタンもシャクヤクも共に美人を表すお花として知られていますよね。 艶やかですものね。

   P1680508s5.jpg
白のシャクヤクは、毎年良く咲きます。 今年も沢山蕾をつけていますので、開花が楽しみです。 例年ですと、連休に満開なのですが、今年はだいぶ遅れています。




         ―   シラン (紫蘭)  ― 
(ラン科シラン属、原産地は、日本、中国、台湾、宿根草、学名Bletilla striata)    
  P1680403s5.jpg
ランと言えば高級で豪華なイメージがありますが、このシランは、蘭の一種でありながら、あまり気どりがなく親しみやすく、育てやすいです。

    P1680406s45.jpg


                P1680402s4.jpg
シランは、外側に外花被片3枚、内側に内花被片3枚の花弁があります。そのうちの、真ん中のフリルのような内花被片は、”唇弁”と呼ばれて、飛んできた昆虫の着地に都合の良いつくりになっています。 植物って面白いですね。


     P1670900s45.jpg
半日陰から日向まで適応するくらい、丈夫です。  耐寒性は、やや弱く、耐暑性は強いので、我が家では夏でも西日がいっぱい当たるところに植えてあります。 


         今日も見てくださり有難うございました。






tag : シャクヤク 芍薬 シラン 紫蘭

庭の風景 ミヤコワスレが満開


大好きなミヤコワスレが、見頃で元気に咲いています。

日陰でひっそりと咲くはかない印象がありますが、我が家は、南の日当たり抜群のところで、毎年、良く咲きます。
半日陰で育てると聞きますが、西日もたっぷりと浴びています。 花径は3cm位あるので、陽があたりすぎなのかしら? 楚々とした感じにするには、日陰に植えたほうが良いのかもしれませんね。


             ―  ミヤコワスレ  ―
(キク科ミヤマヨメナ属、原産地は東アジア、多年草、学名Miyamayomena)
P1680275s5.jpg


 P1680367s45.jpg
ミヤコワスレ”は、本州、四国、九州の山地に自生しているミヤマヨメナの園芸品種につけられた和名で、 アズマギクノシュンギクの別名がああります。

P1670700s5.jpg


      P1680369s45.jpg
濃い紫色が綺麗だったのが、だんだんと色あせて、今年は、こんなに白っぽくなりました。


          P1670701s4.jpg




P1680358s5.jpg
     濃いピンク色のお花は、色の変化もなく、毎年咲きます。

      P1670785s45.jpg


   P1670705s4.jpg
          ピンク色は、可愛いです。

日当たりと、水はけのよい場所が、適していると言いますが、暑さが苦手で、夏は、半日陰、耐寒性は強いそうです。
挿し芽で、ふやします。 


       今日も見てくださり有難うございました。



tag : ミヤコワスレ ノシュンギク ミヤマヨメナ アズマギク

フジ と シャガ



 若葉が目にまぶしい季節になり、庭には、色々のお花が咲き始めています。

今、我が家の庭にはフジシャガが咲き、その他に、羽衣ジャスミン、シラン、ミヤコワスレ、カラー、ブルーベリーやブラックベリーのお花、チェリーセージ、そして、ツツジ、シャクヤク、遅咲きの白のムスカリも、咲いています。 チューリップも、まだ綺麗に咲いていて、5月は、本当に美しい季節ですね。 夏に向けてユリや、ジキタリス、ダリア、アジサイの蕾も大きくなり、植物の生命力を感じます。

 


              ― フジ ―
     (マメ科フジ属、原産地は日本、つる性落葉木本、学名Wisteria floribunda)
   P1670741s45.jpg
きちんとした手入れもしていないのに、毎年、よく咲いてくれるフジのお花、甘い香りが漂っています。 大きな虫が、ホバーリングしていて、その羽音に思わず退散です~


IMG_5227ps5.jpg
剪定と枝の誘引が素人仕事なので、揃っていませんが、今年も沢山のお花をつけてくれました。 薄い紫色は、美しく、”藤色”の色名は、このフジのお花に由来しています。

耐寒性、耐暑性は、普通ですが、日当たりのよい場所で育てることが大事だそうです。




            ― シャガ ―
  (アヤメ科アヤメ属、原産国は中国、常緑多年草、学名Iris japonica)
P1660641s5.jpg



P1660642s5.jpg
シャガのお花が咲くたびに、美しい花の形,模様、複雑な造りに魅入ってしまいます。

P1660777s5.jpg
 別名が、 〝胡蝶花”、その雰囲気がありますね。 美しいです~


   P1660772s45.jpg
 お花は、短命で1日でしぼんでしまいますが、つぎつぎとお花を咲かせます。


       P1660658s45.jpg
明るい日陰によく咲いていますが、日当たりの良いところにも咲き、地下茎でどんどん殖えていきます。
耐寒性、耐暑性もあり、冬でも青々とした葉を茂らせて、とても丈夫です。


             
        今日も見てくださり有難うございました。



tag : フジ つる性植物 シャガ 胡蝶花

魅惑の青色、プルモナリア

 
大好きな”青い花”、プルモナリアが綺麗に咲いています。

青花大好きなので、いくつか青いお花は、我が家にはありますが、このプルモナリアは満足度No.1です。 本当に美しいので、どうぞ見てくださいね。   


               ― プルモナリア ―
 (ムラサキ科プルモナリア属、原産地はヨーロッパ、多年草、学名Pulmonaria)
      P1660181s52.jpg
  本物の”青いお花”、 プルモナリア、本当に美しくてうっとりと見てしまいます。


P1660494s5.jpg
早春のまだ寒いうちから咲き、まだ咲きつづけていて、長く楽しませてくれます。

P1660171s5.jpg
花の色ちがいで、いくつかの品種があります。 白もあり、青色でも名前が異なるのがあります。 我が家のは、”カリビアンナイト”という品種です。 

       P1650624s5.jpg




   P1660179s45.jpg
             うつむきに咲くお花は、1~2cm位、

       P1660497s5.jpg
                 丈は、10~20cm位



   P1650744s45.jpg
              蕾は、こんな可愛いピンク色

   P1650740s45.jpg
 咲いてしばらくは、ピンクがかっていて、2色のお花が咲いているようでこの頃のプルモナリアが大好きです。

耐寒性は強く、耐暑性はやや弱い半日陰の場所が適しています。

この場所に地植えにしてから、もう7年、手間がかからず、毎年増えています。 同じ時期に、別の半日陰の所に植えたのは、1年だけで消えてしまいました。 この場所が居心地が良いのですね。植物って、適した場所が見つかるまで大変で、何回も枯らして失敗して、植物が可哀想だったなあと、いつも思います。 このプルモナリアは、とりあえず、自分の好きな場所が見つかったという事でしょうか。 よかったね~



          今日も見てくださり有難うございました。




tag : プルモナリア プルモナリア・カリビアンナイト 青い花

庭の風景  もうすぐ春 ~



暖かったり、寒かったりと、寒暖の差が激しい毎日ですが、庭は、球根のお花たちが咲き始めてるので、春を感じています。



スノーフレーク
      P1650251s5.jpg
鉢植えのが咲いていました。 可愛いですね。 今年の一番花です。  蕾が沢山あるので楽しみです。




クロッカス
P1650331s5.jpg
クロッカスが咲くと、もう春だなあと感じますね。  黄色だけ咲いています。 




ツルバキア・フレグランス
P1640904s3.jpg P1650338s3.jpg
        蕾は、ピンク色ですが、開花するとほとんど白色です。 



ヒヤシンス
P1650270s5s3.jpg P1650203s5s3.jpg
こんな小さくても、甘い香りがします。 これは、昨年の水栽培が終わったあとの球根を植えたものです。 しっかり、お花をつけて嬉しいです。  




ツルニチニチソウ
      P1650252s45.jpg
      今年、最初のお花をみつけました。  この紫色が綺麗ですね。




水仙テータテータ
      P1650211s45.jpg
ミニ水仙テータテータ、色も姿も愛らしいです。 ラッパ水仙に先駆けて咲くので嬉しいです。





P1650282s45s3.jpg P1650284s4s3.jpg
(左) ラッパ水仙の花壇、まだまだ咲くのは先ですね。 蕾は、ちらほらとありますが、今年は、少ない気がします。
(右) アイスキングの蕾が膨らんできています。 楽しみです~




          今日も見てくださり有難うございました。



tag : 水仙 スイセン テータテータ ミニ水仙 クロッカス ツルバキア・フレグランス ヒヤシンス スノーフレーク

梅、散り始めました。



 関東地方は、南風が強い1日です。

我が家のの花が、はらはらと散り始めています。

桜のように華やかさはありませんが、小さな花弁が、花吹雪のように舞い降りてくる様子は、なかなか風情がありますね。
         


     P1640929s5.jpg
    よ~く見ると、こんなに丸い花びらなんですね。 可愛いです~


   P1640933s4.jpg
      周りはピンク色のじゅうたんを敷き詰めているようです。 



   P1640932s4.jpg
ここには, 紫色のクロッカスが植わっています。 今、咲いたら、絵になるのになあ~



P1640979s5.jpg
    



         今日も見てくださり有難うございました。





tag : うめ

ようこそ
ブログランキング
クリックお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

白髪のアン

Author:白髪のアン
神奈川県在住。
還暦をむかえた記念にブログを開設。娘に背中をポンポン押されてやっと始めました。「赤毛のアン」の世界がすきで、グリーンゲイブルズに行ってきました。いろいろな事が初心者ですのでよろしくお願いします。自然に咲く木や花が好きです。

ブログ開始から…
最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

観葉植物の販売/通販[いい庭.jp]